白州ウイスキーの買取!相場が高くなる理由・魅力、現在の相場とは?

お酒

白州の買取情報をまとめました。

ミントの香りが際立ち、すっきりした味わいが評判が上がっている白州ウイスキー

非常に人気も高く、買取価格も高騰していると言われていますが、すっきりした味わい以外にも人気の秘訣があるというのでしょうか?

本記事では、実際の買取相場額や買取価格が高騰する理由と併せて、白州ウイスキーの魅力、おすすめの買取店3店をご紹介します。

スポンサーリンク

白州の買取価格の相場

皆さんは、白州ウイスキーと聞いて、どんなイメージをお持ちでしょうか?

きっと多くの人たちは、ハイボールなどに使われるすっきりした味わい・風味が特徴のウイスキーと考えているはず。

ただ、ビンテージによっては、フルーティーな香り・味わい、ほどよい口溶けが楽しめるモデルも当然あります。

では、改めて、白州ウイスキーの各ビンテージモデルの魅力や、買取価格の相場をご紹介していきますね。

白州シングルモルト(ノンエイジ)の買取価格:3500円~5000円

白州シングルモルトウイスキー(ノンエイジ)は、多くの白州ウイスキー好きな若者が最も想像できる、すっきりした風味の強い白州ウイスキー。

白州が育んだ自然を前面に感じ、スダチ・ミントの香りが一気に鼻に突き抜けていく…

そんな印象が非常に強く、何かと多忙で疲れている心身を、どこかすっきりさせ癒やしてくれるかのような、透明感満載の異質なウイスキーです。

異質&ユニークな個性を持つ、サントリーらしさが凝縮された白州ウイスキー

正直に言えば、白州ウイスキーは、日本人の舌に馴染みながらもウイスキー独特のスモーキーフレーバーや甘い香りを育むウイスキーからは、遠く離れたタイプ。

もしかしたら、コアなウイスキー通からしてみれば、邪道ともい言うべきウイスキーなのかもしれません。

ただ、この邪道というか異質な個性こそが、サントリーらしさともいえます。

『どの年代の人たちにもジャパニーズウイスキーを楽しんでもらいたい!』

『どんなに個性が強くとも日本人が好まなければウイスキーではない!』

この二つの思想は、まさにサントリーが掲げるコンセプトそのものです。

白州こそ、20代の若者たちに飲んでほしいウイスキー

白州シングルモルト(ノンエイジ)は、山崎・響とは別の角度から捉えた、ハイボール好きな若者目線でのスタンダードウイスキーといえますね。

買取価格の相場は?

さて、気になる白州シングルモルト(ノンエイジ)の買取価格の相場ですが、3500円~5000円が相場と言われています。

白州シングルモルト(ノンエイジ)は、原酒も不足していますし、700mlサイズは現行品として販売されているものの、180mlサイズは、現在販売中止。

ノンエイジでさえ、入手しづらくなっている銘柄なだけに、買取価格も高騰しているのです。

白州ウイスキーは世代を問わずに非常に人気の高いウイスキーなので、シングルモルトであれ、必要なく自宅にあるという方は、ぜひ買取に出してみてくださいね。

白州10年の買取価格:10000円~15000円


出展:アマゾン

白州10年は、その名の通り、白州ウイスキーを10年熟成させたものをキーモルトとして作られたシングルモルトウイスキーです。

白州シングル(ノンエイジ)では少し物足りないが、山崎・響は、まだ敷居が高いという若者向けのウイスキーでもあります。

ほのかに感じるスモーキーフレーバーや甘さが特徴!

やはり10年熟成させた原酒をキーモルトとして使っているだけあって、スモーキーフレーバーやほのかな甘さも感じられ、ウイスキー飲み力が少し際立ちます。

とはいえ、まだまだ10年ものは若く、白州独特の透明感の中にうっすら入り込み、ちょっとした刺激が加えられたという印象が強いです。

それだけに、おすすめは、ハイボールカクテルで味わうのがベスト。

きっと、ノンエイジで物足りないという人も、白州10年なら、十分満足できますよ。

ラベル一つで買取価格も変わる白州10年

さて買取価格ですが、やはり原酒が不足して、なおかつ販売が中止されているビンテージモデルなので、価格は高騰傾向にあります。

純粋なホワイトラベル(シングルモルト)なら、10000円~15000円、ピュアモルトとして販売していた、グリーンラベルなら、最大4万円で買取る業者も…

同じ白州10年でも、ラベル一つで大幅に変わっていきますので、その点も加味して高価買取してくれる買取店で買取ってもらいましょう。

白州12年シングルモルトの買取価格:18000円~22000円

現行ラベルではノンエイジの次に年代が若い、白州12年シングルモルトウイスキー。

白州12年は、白州10年同様、フルーティークリーミーな味わい・風味もほのかに感じることの出来るモルトウイスキーへと仕上がっています。

ファンからは『森薫ウイスキー』と呼ばれることも…

もちろん、ベースは透明感の強い白州ウイスキーであることに変わりありません。

スダチ・ミントの爽やかさを感じながら、時折、フルーティーでクリーミーな味わい、スモーキーなフレーバがひょっこり顔を覗かせる…

その出で立ちは、まるで、森林浴を楽しんでいる中に、かわいらしい小動物が顔を覗かせ、自然豊かな装いが心身を癒やしてくれるかのよう…

そんな若者から年配者まで十二分に楽しめる味わい・風味が特徴的な白州12年は、多くのファンから『森薫ウイスキー』とも呼ばれ大人気。

サントリーウイスキーの神髄を知るには、まずは白州12年から試してみるのも悪くありませんよ。

買取価格は高騰傾向も、極端な高価買取は期待薄

さて、気になる買取価格ですが、大体18000円~22000円が相場と言われています。

やはり、現行ラベルとしても販売されているビンテージモデルなので、原酒が不足しているとはいえ、それほど高額は尽きません。

まぁ、現行ラベルの白州12年で、22000円で買取ってもらえたら御の字といえるでしょうね。

白州12年ピュアモルトの買取価格:10000円~50000円

白州12年ピュアモルトは、かつて、シングルモルトがピュアモルトと称して販売された頃のビンテージモデル。

当然、現在は販売されておらず、白州12年シングルモルト以上に希少価値は高いです。

ただ、基本的に中身は、白州12年シングルモルトと変わりなく、ラベルが異なるだけのモデルなので、買取価格は若干高くなっているだけ…

実際の買取価格は、10000円~25000円が相場と言われています。

ごく希に5万円で買取りする業者も、期待は薄!

もちろん、ごく一部の買取業者では、最大5万円までで買取してくれるところもあります。

ただし、それは、状態が良いことが絶対条件で、ごく希な話に過ぎません。

ピュアモルトとして販売されていたグリーンラベルは、現在販売されておらず、入手は困難ですが、所詮は白州12年…

それほど買取価格は付かないと覚えておきましょう。

白州18年の買取価格:30000円~50000円

透き通った風味・味わいが、実に個性的で、世代を選ばず、多くのファンから愛されている白州ウイスキー

しかし、その概念は、白州18年を味わうことで大きく変貌してしまいます。

というのも、ある種、白州ウイスキーの分岐点ともいうべき変化が、この18年ではっきりと映し出されていくため、その考え方が変わっていくわけです。

では、白州18年の風味・味わいをもう少し掘り下げてご紹介していきます。

味わい・風味の変化

フルーティーな香り、スモーキーフレーバーとろけそうな甘い口溶けの三拍子が揃った、サントリーウイスキーの醍醐味が色濃く伺える白州18年。

それは、ノンエイジから12年までの原酒を使ったビンテージモデルの魅力とされてきた透明感あふれる爽やかさを一蹴してしまうかのような強烈さを感じます。

もちろん爽やかさ・透明感が全て消えてしまっているわけではありませんが、立場が逆転しているという印象は拭えないのです。

なので、より大人のウイスキーを味わいたい人には、白州18年は非常におすすめです。

買取価格は高騰も、山崎のような高額は期待薄…

さて、気になる買取価格ですが、やはり原酒が不足していると言うこともあり30000円~50000円が相場となっています。

特にグリーンラベル(旧ラベル)の方が希少性が高く、最大5万円で買取してもらえることもあるので、もしお持ちなら、買取に出すことをおすすめします。

一方、現行ラベルとなると、山崎のように、年代が古いといっても18年までは極端に高騰することはありません。

そのため、価格が付いても40000円が良いところと考えましょうね。

白州25年の買取価格:26万円~28万5000円

白州ウイスキーの中で、最も熟成期間の長い25年ものの原酒をキーモルトとして造られた、白州25年

白州18年よりも熟成を高めたビンテージモデルで、特にスモーキーフレーバーが際立ち、よりウイスキー感が強く感じられます。

赤茶色した見た目の印象も加えて、白州ウイスキーでありながら、山崎・響に負けないウイスキー感を堪能できる一品といえるでしょう。

白州独特の爽やかさは飲みやすさ・まろやかさへと変化…

もちろん、それでも透明度の高い白州ウイスキーなので、他の同年代のウイスキーと比較すると口当たりがなめらかで非常に飲みやすく仕上がっています。

特に山崎は癖が強く敷居が高いと考えている20代の若者たちには、白州25年で、ウイスキー特有のスモーキーフレーバーを堪能してみてほしいですね。

買取価格は一気に高騰!

さて、そんな白州25年の買取価格ですが、26万円~28万5000円が相場です。

山崎のような極端な値は付かないとしても、白州ウイスキーの中で比較するとダントツで価格が高騰していることが伺えます。

他のビンテージモデル以上に白州25年の原酒は不足し、非常に入手困難となっているので、一気に価格が高騰するのは当然!

もし、必要なく、自宅で眠らせているのであれば、すぐにでも買取煮出してみてくださいね。

白州 シェリーカスクシリーズの買取価格:11万5000円~12万5000円

皆さんは、スパニッシュオークという木材を知っていますか?

元々、オーク材の中でもスペイン北部で採取された材木のことを指し、特にシェリー酒を作る際に用いられていると言われています。

そして、このスパニッシュオークで作られたシェリー樽は、1970年以降、ウイスキー製造にもよく用いられ、白州シェリーカスクシリーズにも用いられているのです。

買取価格は希少性故に若干高め

白州シェリーカスクシリーズは、スパニッシュオークを用いたシェリー樽で作られた原酒のみを掛け合わせて、製造されています。

しかも、2012年~2014年にかけて、約4000本限定で作られたプレミアウイスキーであるため、非常に入手困難。

そのため、買取価格は、2012年もので11万5000円2013年もので12万5000円2014年もので12万円と高額。

もし、自宅で眠っているなら、今すぐにでも買取に出してみましょう。意外な高価買取額が提示され、嬉しい臨時収入につながりますよ。

白州1973の買取価格:4000円~8000円

白州ウイスキーを製造する白州蒸留所は、1973年、サントリーウイスキー誕生50周年を祝して山梨・白州に建てられた蒸留所です。

当時、サントリーの代名詞でもある山崎ウイスキーに次ぐ、第2のサントリーウイスキーとして、多くのファンから愛され、今もその人気は続いています。

白州1973とは、そんな白州蒸留所誕生と共に歴史を紡いできた、初めての白州ウイスキーを原酒に使用したシングルモルトウイスキーです。

とはいえど、ノンエイジであるため、多少希少性は高いものの、風味・味わいに大きな変化はなく、シングルモルト(ノンエイジ)と同じと考えてください。

白州蒸留所初のシングルモルトながらも、買取価格は低い

また、買取価格も若干高く付く程度で、4000円~8000円程度しか付きません。

一見かなりのプレミア価値が付くと思われがちですが、以外と買取価格が付かないことを理解して買取に出しましょう。

白州蒸留所秘蔵モルトの買取価格:3000円~60000円


出展:アマゾン

元々は、サントリーが、ポイントキャンペーンの返礼品として製造した、限定モデルとなるウイスキーとして、白州蒸留所秘蔵モルトは誕生しました。

とはいえ、当時ウイスキーが冬の時代を迎えていたこともあり、ポイント返礼として製造していただけでありながらも在庫を抱えるという大惨事が発生!

そこで、サントリーは、とにかく、ネット通販や地元の酒屋など、至る所に白州蒸留所秘蔵モルトを格安で卸したそうです。

結果として、世間に大きく出回り、その価値を下げてしまったところもあります。

買取価格は買取店によって大幅に違う?

その影響なのか、買取価格が、3000円と言うところもあれば、6万円と言うところもあり、かなりのばらつきが見られます。

それだけに、確実にその価値を知り、高価買取を実現できる買取業者で買取ってもらいましょう。

白州オーナーズカスク1997の買取価格:10000円~60000円

多くのウイスキーは樽の中で熟成させることによって作られ、それは白州ウイスキーも例外ではありません。

オーナーズカスクは、この熟成させた樽ごと販売されたビンテージモデルを指します。

とはいえ、実際に手に入れるのは、ボトルに詰められたオーナーズカスクか、バー1ショット(グラス)に注がれ販売されたもののいずれか…

大半は、会社(飲食店)単位や、1口オーナーを募ってグループ単位で購入するかたちを取ることが多いです。

本来はオーナー向けに樽ごとで販売されているビンテージモデルなので、買取市場でも、その価値に対しては考えがバラバラ

一応、市場に出回っているものは、700mlのボトルに詰められたタイプですが、10000円で買取る業者もいれば、60000円で買取る業者も…

つまり、白州オーナーズカスク1997を如何に高価買取りするかは、買取業者の腕の見せ所でもあり、買取業者の真贋を見極める材料ともいえます。

なので、もし買取に出すなら、必ず複数の業者に査定してもらい、少しでも高価買取価格を提示する買取業者で買取ってもらうようにしましょうね。

白州ウイスキーも、一度は買取査定は受けてみよう!

以上が、主な白州ウイスキーの買取価格の相場額と、各ビンテージの魅力となります。

白州ウイスキーは透明感の高い若者向けのウイスキーという印象が強いですが、ビンテージによってその顔が違うことが分かっていただけたはず…

確かに山崎ウイスキーほど買取価格の違いは出ていませんが、それでも白州25年のように、極端に高騰しているビンテージもあります。

ひょっとしたら、意外なお宝となる場合もありますので、もし不要な白州ウイスキーが自宅で眠っているならば、一度、買取査定に出してみてくださいね。

スポンサーリンク

白州の買取相場が高くなっている理由

白州ウイスキーも、山崎同様非常に買取価格が高騰していますよね。

では、何故、買取価格が高騰しているのか、その理由を3つご紹介していきます。

理由1:圧倒的なる需要の高さ!

山崎ウイスキー響ウイスキーに関しては、需要はもちろん高いのですが、ウイスキー自体に癖もあり、世代によっては避ける場合もあります。

もちろん、ニッカウヰスキーほどではないとしても、スモーキーフレーバー(ピート感)を完全になくしているわけではありません。

いくら飲みやすくなっているとはいっても、お酒が苦手な人や、20代の若者たちの中には、『敷居が高い!』と感じている人がいるのも事実。

白州ウイスキーは、さらに飲みやすいから需要が高い!

一方、白州ウイスキーは、特に透明感・爽やかさを強調とした若い世代向けのビンテージから、ウイスキー通がやみつきになる古い年代のビンテージまで揃っています。

なので、世代を超えて人気が高く、買取市場でも、比較的高騰傾向が見られているのです。

原酒不足感は山崎より低く、極端な高価買取は期待薄!

ただし、山崎ウイスキーのように、圧倒的需要かつ原酒不足とまでは行かず、極端な高騰とはいかないのも現状。

山崎のような極端な原酒不足にあえいでいるのは、白州25年を含め、ごく一部に限られているので、その点は注意しましょう。

理由2:NHK朝ドラ『マッサン』の影響が高いから

先程少しだけ触れましたが、実は、ウイスキーは一度、人気が衰退した時期がありました。

やはり、日本人の舌に合わないタイプのウイスキーが多く、ビールや焼酎のように、気軽に飲むのには敷居が高いと感じられたことが、大きな要因と考えられます。

しかし、その状況を一変した事件が勃発!

朝ドラ『マッサン』が、第2次ウイスキーブームを呼び込む!

それは、ウイスキー作りに奮闘した、サントリー創業者・鳥居信次郎氏と、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝氏をモデルにした、朝ドラ『マッサン』の放送でした。

このドラマの主人公は、竹鶴政孝・リタ夫婦をモデルにした亀山政春(演・玉山鉄二)・亀山エリー(演・シャーロット・ケイト・フォックス)の二人。

当時珍しかった国際結婚、そして日本初のウイスキー作りに奮闘した二人を軸に、物語は進んでいきました。

この朝ドラ『マッサン』の放送を機に、ジャパニーズウイスキーへ関心を持つ若者たちが急増し、第2次ウイスキーブームが誕生したのです。

ただ、問題が一つありました。

第2次ウイスキーブームにおける問題・改善!

それは、山崎ウイスキーでさえも、敷居が高いと感じる人が少なくなかったと言うこと…

もちろん、日本人の舌に合うように、ギリギリのところで絶妙にブレンドして販売されていましたが、やはりウイスキー独特のスモーキーフレーバーはなじめない…

そのように感じるお酒が苦手な若者も少なくなかったのです。

そこで、山崎ウイスキー50周年を記念して、誕生したのが白州ウイスキーでした。

白州ウイスキーが、敷居の高さを解消!

白州ウイスキー独特の爽やかなフレーバーが人気を博し、また、熟成期間の長い18年・25年というビンテージモデルでさえも口当たりがよく飲みやすいと評判に!

このことが、大きく影響し、今でも需要が高いままキープしている白州ウイスキーは、買取市場でも注目され価格が高騰しているのです。

理由3:原酒が不足しているため

最終的には、原酒が不足していることが、白州ウイスキーの買取価格を高める最大の要因といえます。

これは、山崎(サントリー)や余市(ニッカウヰスキー)にもいえることですが、人気が高いウイスキーほど原酒が不足しています。

確かに白州ウイスキーは、需要度が高いとはいえ、山崎・余市と比較すると、コアなファンは若干少なめです。

それは、山崎・余市が、サントリー・ニッカウヰスキーを代表とするウイスキーであるため。

白州ウイスキーが、山崎ウイスキーに次ぐ第2のサントリーウイスキーとして人気を博しているとはいえ、やはり、比較すればその差が出るのは当然です。

山崎・余市より買取価格は付きにくいが…

この原酒不足数と需要の差というのは、買取価格にも大きく影響します。

同じ25年もので比較してみ手も分かりますが、山崎25年は最大57万円で買取られるのに対し、白州25年は、最大でも28万5000円

ざっくり計算してほぼ倍の価格差が付いているといえますね。

ただ、それでも、白州ウイスキーは確実に買取価格が高騰しています。

なので、もし白州ウイスキーが自宅に眠っているのであれば、へたに捨てることなく、買取にだして臨時収入を確り得ましょう。

白州ウイスキーも人気が高く、確実に買取価格が高騰している!

先程からお話ししているとおり、朝ドラ『マッサン』の影響もあり、第2次ウイスキーブームが到来!

そのことも影響して、山崎や余市ほどではないとはいえ、確実に白州ウイスキーの買取価格は高騰しています。

白州ウイスキーの買取価格が、山崎ほど高騰していないとはいえ、諦めるのはまだ早いです。

白州25年のように、20万円以上で買取してくれるビンテージモデルもありますので、まずは買取に出してみてくださいね。

お酒
スポンサーリンク
urisaki

コメント

タイトルとURLをコピーしました