響の買取!価格相場と高く買取する業者3選

お酒

響の買取情報をまとめました。サントリーの代名詞として人気を博しているブレンデッドウイスキー『響』

贈答品でもよく用いられることもあり、中には、貰ったものはいいけど、自宅で眠ったままなんて人も少なくありません。

そこで、響の処分に困っている人の参考となるために、響の各ビンテージの買取相場や魅力、おすすめの買取業者3店をご紹介していきます。

スポンサーリンク

響の買取価格の相場

響には、シングルモルトウイスキー山崎に無い、ブレンデッドウイスキー特有の柔らかな風味・味わいがあり、特に若者の間で人気が高いです。

冒頭でもお話ししたとおり、贈答品でも貰うことも多いサントリーウイスキー『響』は、飲みやすく非常に多くのファンから慕われたウイスキーです。

しかし、いくら口当たりがよく飲みやすくなっているとはいえ、それでも『響』を苦手とする人は少なくなく、貰っても飲めずにそのまま放置されている人も…

そういう人ほど処分に困り、買取を検討しますが、相場が分からず困っているなんて人もいますので、まずは、買取相場と各ビンテージの魅力をご紹介していきます。

響ジャパニーズハーモニーの買取相場:3000円~3500円

響は、言わずもがな、日本を代表とするジャパニーズウイスキー

雅な印象さえ感じられ、四季折々の日本らしさが凝縮された香りは、まさに響ジャパニーズハーモニー最大の魅力!

甘さ華やかさが独特で心落ち着く日本独特の風味・味わいが魅力!

甘さ・華やかさなど、四季折々の香りが少しずつ変化し、心地よい気分にさせてくれるブレンデッドならではのウイスキーといえます。

ノンエイジ故に買取価格は抑えめ…

さて、そんな、響ジャパニーズウイスキーの買取価格ですが、ノンエイジタイプということもあり、大体3000円~3500円が相場。

とはいえ、ノンエイジで、3000円以上付けば御の字で、さすがジャパニーズウイスキーといえますね。

今後も外国人を中心に人気が高まっているビンテージだけに、買取価格も高騰すると思われますし、一度買取査定に出してみることをおすすめします。

響12年の買取相場:10500円~18000円


出展:アマゾン

ジャパニーズハーモニーのようなノンエイジタイプを除いて、響のビンテージモデルの中で一番若いブレンデッドウイスキーが、この、響12年

鼻にツンと抜ける、ほどよく甘く時折酸味も感じられる華やかさは、白州ウイスキーの爽やかさとまた異なる風味。

そして、蜂蜜やメープルシロップのような口溶け・甘さ・酸味が見事に融合した味わいは、12年もののウイスキーでありながら実に濃厚です。

もちろん、若い年代のウイスキーとあって、癖も無く非常に飲みやすく、仕事帰りに一人でストレート・ロックで楽しむもよし、またハイボールで仲間と楽しむもよし。

まさに様々な楽しみ方が味わえるブレンデッドウイスキーといえますね。

買取価格は12年モデルの割には、1万円以上!

さて、気になる買取価格ですが、10500円~18000円が相場となっています。

12年もののビンテージウイスキーで、1万円以上の買取価格が付くわけですから、如何に響12年が希少で人気の高いウイスキーかが伺えますね。

ちなみに、響12年には、旧ラベルというのも存在しています。

響12年旧ラベルとは?

今でこそ、ラベルに『響』と大きく刻まれていますが、旧ラベルは、響という文字は刻まれず、『HIBIKI』とローマ字表記を真ん中に刻んでいます。

買取価格そのものは差が無く、旧ラベルでも18000円での買取りなので、あとは好みの問題といえるでしょう。

とはいえ、コアなファンは、より希少性の高い旧ラベルを好んでいたりしますし、確実に18000円で買取してもらえるなら、その価値は急ラベルの方が高いといえます。

もし、旧ラベルをお持ちであれば、積極的に買取に出してみましょうね。

響17年の買取相場:25000円~31000円

響17年は、サントリー90周年を祝して作られた記念すべきブレンデッドウイスキー。

さらに熟成年月がかかり、香りが濃厚でカラメルのような甘さを感じさせながらも、口に含むとバラジャスミンのような爽やかさに変化していく…

まさに、ブレンデッドウイスキーだからこそ出来る芸当といえますね。

買取価格も2万円以上に高騰…

さて、買取価格ですが、25000円~31000円が相場となっています。

買取価格が急騰しているというわけではありませんが、それでも最大価格で山崎18年と比較して、その差は2万円前後。

17年というビンテージの割には、買取価格がやや低めという印象も拭えません。

しかし、それでも、最大31000円で買取されている現状を見ると、響ブランドの希少性が認められ、多くのファンから17年の需要が高まっている証!

それは、買取市場にとっても同じことがいえ、確実に、今後、価格自体が高騰していくことでしょう。

もし、響17年が自宅で眠ったまま放置されているなら、それこそもったいない話です。

実際に買取してもらうかどうかは別としても、まずは、査定してもらうことをおすすめします。

響21年の買取相場:4万円~5万円

響21年は、17年よりもさらに4年熟成させたキーモルトを使用したブレンデッドウイスキー。

熟成期間がたった4年しか違わないと思われがちですが、その4年の差はかなり大きいです。

ウッディーで甘い香りは、まさに癒やし効果すら与えるかのような心落ち着く香り…

それでいて、口に含んだ瞬間、バニラのような甘さ渋柿のような渋さがうまく融合し、口で転がすごとにその味が幾重にも変化し楽しむことが出来ます。

もちろん、癖が強く飲みにくいということは無く、ウイスキーが苦手な若者でさえ楽しめる究極のブレンデッドウイスキーとさえいえます。

ここまでの進化が、たった4年の熟成で見られるわけですから、ウイスキーファンならこの圧倒的な差を理解してくれるはずです。

ポテンシャルの差は大きくとも、買取価格は響17年と大差なし・・・

とはいえ、響21年(箱なし)での買取価格は、響17年と比較して、そこまで大きな者となっておらず、大体4万円~5万円が相場となっています。

ただし、響21年はこれで終わりではありません。

プレミアムボトルは、一気に価格が高騰!

後ほどご紹介していきますが、響「富士風雲図」などの、プレミアボトルとなると、極端に価格が跳ね上がり、最大20万円近くで買取してくれる業者も…

それだけ注目されたビンテージモデルだけに、もし自宅で眠っているなら、しっかり業者を選んで買取に出しましょう。

サントリー響(21年)「花鳥風月」の買取相場:5万円~38万円

サントリー響『花鳥風月』も、21年によく見られる限定ボトルの一つ。

ある意味、響(21年)「富士風雲図」にも似たデザインで、富士山を軸に和の雅な世界観や自然豊かな日本色を見事に描いた、日本だからこそ出来る一品!

一部では、ラベルそのものというよりもボトルに富士山が描かれているので、ある種、質素に見え、5万円で買取る業者もあります。

ただ、それは真の価値を知らない業者の話…

本当の価値を知る業者は、国内未発表で免税店でのみ発売されている希少性も考慮し、最大38万円で買取る業者もあり、買取店で大きく価格が異なります。

なので、もし、響『花鳥風月』をお持ちであるなら、一度、無料査定を受けてみてください。

この一品だけでも、買取業者の善し悪しを判断する大きなヒントとなりますよ。

響(21年)「富士風雲図」の買取相場:16万円~20万円

 

響『富士風雲図』は、響21年の原酒をキーモルトとして造られ、ボトルに『富士風雲図』が刻まれている限定ウイスキー。

味・風味の差は、響21年と比較して大差ありませんが、ボトルに刻まれた『富士風雲図』がまさに希少性を生んでいます。

何よりも、この、響『富士風雲図』は、たった2000本しか販売されていないのです。

なので、一気に買取価格は跳ね上がり、16万円~20万円が相場と言われています。

葛飾北斎も描いた日本の象徴とする富士山をデザインしたから希少

富士山は世界遺産にも登録されている日本の誇るべき自然遺産です。

かつては葛飾北斎も描いていますし、そんな日本の歴史をも象徴するかのような富士山がバックに描かれた限定モデルですから、希少価値が出るのは当然!

もし、このような希少な響『富士風雲図』を自宅で見かけたら、そのまま自宅で眠らせないで、買取に出して高価買取してもらいましょう。

響ブレンダーズチョイスの買取相場:8000円~16000円


出展:アマゾン

響ブレンダーチョイスは、その名の通り、サントリーのマスターブレンダーが、厳選し選び抜いた原酒を掛け合わせ、造り上げた究極のブレンデッドウイスキー

ブレンデッドウイスキーならではの穏やかさ・まろやかさも際立ち、スモーキーでありながらも非常に飲みやすいウイスキーに仕上がっています。

しかも、15年前後熟成された原酒をキーモルトとして使用し、ブレンドされているウイスキーであるため、その味わい・風味は17年にも引けを取りません。

そのため、コアなウイスキーファンは、あえて、マスターブレンダーが厳選してブレンドした、響ブレンダーズチョイスを好むという話も…

ブレンダーチョイスだからこそ、少し買取価格は高騰…

さて、気になる買取価格ですが、8000円~16000円が相場と言われています。

やはり、厳選された原酒を用いて造られた希少性の高いビンテージモデルなので、買取価格が高騰するのも頷けますね。

もし、自宅で響ブレンダーチョイスが眠っているのであれば、一度、買取査定に出してみましょう。

響21年 スペシャルボトルコレクションの買取相場:20万円~30万円

響21年には、先程ご紹介した響『富士風雲図』のように、限定品となるスペシャルボトルがいくつか販売されています。

響21年スペシャルボトルコレクションもその中の一つです。

このスペシャルボトルコレクションの中には、有田焼九谷焼という日本の伝統瀬戸物でボトリングされたモデルも多く、非常に希少性が高いです。

希少性が高い故の高価買取価格

中身そのものは、響21年と変わりませんが、ボトルそのものに非常に価値があり、買取価格20万円~30万円が相場と言われています。

瀬戸物としての雅なフォルムが実に美しく、目で見ても楽しめるプレミアボトルであるために、この価格は妥当!

非常に需要がありながら、希少価値の付くビンテージモデルなので、ぜひ、所持しているなら買取り査定に出してみてくださいね。

響35年の買取相場:30万円~70万円

響21年よりもさらなる熟成を進め、まさに大人のウイスキーへと進化した響35年

一般的にボトルデザインの美しさなどに目が行きがちですが、伊達に35年熟成させた訳では無く、香りも味わいも実に濃厚です。

口当たりも実になめらかで非常に飲みやすく、ストレートで飲んでこそ本当の価値が分かる最高級のウイスキーといえますね。

買取相場に大きな隔たりがある響35年

さて、買取価格ですが、30万円~70万円と幅広く、買取店によってその価格にばらつきが見えます。

ここまで高騰していると、最高価格で買取りしてもらいたいと誰もが願うもの…

なので、何度も買取り査定を受けて、しっかり比較検討しながら、より満足いく高価買取を目指しましょう。

響「徳田 八十吉」の買取相場:100万円


出展:アマゾン

響『徳田八十吉』も、人間国宝とまで謳われた九谷焼の巨匠、三代目徳田八十吉氏が、サントリーのために特別にコラボした超プレミアウイスキー

三代目徳田八十吉とは?

三代目徳田八十吉氏は、1997年、重要無形文化財『彩釉磁器』の保持者として、美しき九谷焼の魅力を伝えてきた功績がたたえられ、人間国宝に認定。

その後、この、プレミアムボトルを制作しているわけですが、2009年8月26日に死去。

現在は四代目が、この伝統工芸を守っていますが、三代目の感性を持って作られた、響「徳田 八十吉」は、二度と販売されることはありません。

二度と生産・販売されないからこそ希少!

つまり、過去に販売されたボトルが買取市場で動いているに過ぎないのです。

当然、希少価値は高まり買取価格は超高騰

その価格は100万円とも言われています。

響『三代目徳田八十吉』の詳細は、また別途記事でご紹介していきますが、その価値を詳しく知らないとしても、超高額で取引されることだけは覚えておきましょう。

響 (35年)「色絵牡丹蝶図筒形瓶」:175万円~185万円


出展:アマゾン

実は、響21年以外にも、限定ボトルとして販売されているビンテージモデルが存在します。

そのビンテージモデルが、響35年

響21年ほどの種類があるわけではないものの、とてつもないプレミア価値を持つボトルが販売されています。

その一つが、響 (35年)「色絵牡丹蝶図筒形瓶」

響 (35年)「色絵牡丹蝶図筒形瓶」とは?

響 (35年)「色絵牡丹蝶図筒形瓶」は、九谷焼の技法で用いられる絵付け法『五彩手』を用いて、瓶に絵付けられた陶磁器ボトルが特徴となるビンテージモデル。

それ故に、価値は非常に高く、180万円前後が買取相場と言われています。

とはいえ、多くの買取業者では要確認とされているので、もしかしたら180万円以上で顔治理される可能性もあります。

それだけ希少価値の高いプレミアボトルなので、万が一にも自宅で眠っている場合は、一度、買取査定を受けることをおすすめします。

響「染付牡丹蝶図筒形瓶」の買取相場:180万円~200万円


出展:アマゾン

響「染付牡丹蝶図筒形瓶」も、響35年の限定ボトルの一つとして販売されています。

しかも、有田焼とのコラボとして、日本陶磁器400周年を祝して作られたもので、希少性は極めて高く、コアなファンからの需要が高いという話も…

響の買取価格は、最高額で200万円も…

さて、気になる買取価格ですが、響 「色絵牡丹蝶図筒形瓶」同様、180万円以上が目安の相場。

ただし、買取業者のサイトを調べると、お問い合わせと表示しているところも多く、状態次第では200万円以上の価格が付く場合も…

それだけに、より高価で査定してくれるところで、しっかり買取してもらいましょうね。

ジャパニーズウイスキーならではの限定ボトルも多い響は、買取価格も高騰!

後ほど、響ウイスキーの買取価格が高騰する理由について触れていきますが、ここまでの話で分かっていただけたように、響は、非常に価格が高騰しやすいです。

もちろん、若い年代で、希少価値が付かない現行ボトルなら、そこまで価格は付きませんが、響はビンテージモデルもあれば、限定ボトルも多数あります。

もしこれらを所持していた場合は、とんでもない価格で買取されるケースもありますので、そのまま自宅に眠らせずに、買取査定に出してみてくださいね。

スポンサーリンク

響の買取価格が高騰する理由

先程もお話ししたように、一部のビンテージモデルに関しては、かなり高騰傾向が見られるジャパニーズウイスキー『響』

では、『響』の買取価格が、何故、高騰しているのか、その理由を3つご紹介していきます。

理由1:希少性の高いボトルも多数発表されているから

これは特に21年・35年に限定された話になってしまうのですが、響は、実に希少性の高い限定ボトルが多く販売されています。

その種類は、21年、35年という順に多いのですが、35年は、年代が古い上に、陶磁器400周年コラボといったような、より希少性の高いモデルが多い…

そのことを考えると、12年・17年あたりはまだ極端な高騰は見られないとしても、21年・35年が極端に高騰しているのは当然の流れですね。

もし限定ボトルをお持ちでしたら、非常に高い価格で買取りしてもらえる可能性があるので、一度買取り査定を受けてみてくださいね。

理由2:ジャパニーズウイスキー人気が続いているから

ウイスキー業界は、一度冬の時期を迎えていたことがありました。

やはり、癖も強く、苦手な人も多かったため、一部のファンにはウケが良かったものの、しばらくすると人気が下火になってしまったのでしょう。

朝ドラ効果は絶大!

ところが、NHK朝ドラ『マッサン』が放送され、人気がまた急騰!

一気にジャパニーズウイスキーの人気が高まると、大人のウイスキーとして、癖が強い山崎でさえ、需要が高まり高騰する結果に…

そして、山崎と共にジャパニーズウイスキーの代表格であるも、買取り市場で人気が高まり価格が高騰したというわけ。

冬の時代を迎え人気が低迷していたにも関わらず、たった1本のドラマで状況が一変してしまうのですから、本当に凄い効果ですね。

理由3:原酒不足が響の価格高騰の原因

これは、響に限った話ではありませんが、ウイスキーは、人気高騰と共に原酒が不足し、現在では入手困難なビンテージモデルもたくさん存在します。

原酒は、年代の古いビンテージになるほど、原酒を造るのに年代がかかるわけですから、一気に人気が高まったとしても、急に原酒を増やすことは出来ませんよね。

当然、人気が高まる(需要が増える)ごとに原酒は不足し、最悪、原酒が枯渇すると、販売自体できなくなってしまいます。

幸い、完全に販売終了とはなっていませんが、極めて原酒が不足していることは事実。

そのため買取り市場でも入手が難しくなり、古い年代のビンテージモデルほど、買取価格が高騰しているわけです。

原酒不足に人気の高騰・限定ボトルが高騰をさらに高める!

以上が、の買取価格が高騰する3つの理由で、間違いなく人気の高騰と共に買取価格も高騰していきます。

もしかしたら、同じサントリーの代表銘柄『山崎』や、ニッカウヰスキーを代表とする『余市』を凌駕するほどの、価格の高騰も見られるかもしれません。

それだけに、今後も、響の買取価格がどこまで高騰していくのか、確り注目していきたいものですね。

お酒
スポンサーリンク
urisaki

コメント

タイトルとURLをコピーしました