カミュの買取!高く売るために知りたい相場からコツまとめ

お酒

カミュの買取情報をまとめました。

本記事では、ブランデー『カミュ』の魅力や買取相場、おすすめ買取店をご紹介します。

ぜひ、カミュを楽しむ際や、買取に出す際の参考としてみてくださいね。

スポンサーリンク

カミュの買取相場

『カミュ』ブランデーの中で多くのファンから愛されている人気銘柄のブランデーです。1863年にフランスのコニャック地方で創業されました。

まず『カミュ』のそれぞれのブランドの魅力買取相場をご紹介していきます。

カミュ VSOP エレガンスの買取相場:500円~800円


出展:アマゾン

カミュVSOPエレガンスは、カミュの中での最も王道的モデルというべきブランデー。

コント4(樽熟成期間5年以上)の比較的若さを感じるモデルとも言えます。

買取価格はほぼ付かない…

さて、気になる買取価格ですが、スーパーでも手に入る入門者向けブランドだけに、500円~800円と、ほとんど値が付きません。

そもそもハイボールにして大勢で楽しむためのブランデーなので、買取市場で価値が付かないです。

カミュVSOPボルドリーの買取相場:2000円~3000円


出展:アマゾン

カミュ VSOP エレガンスと同じくVSOP系カミュブランドとして人気の高い『カミュVSOPボルドリー』

カミュ VSOP エレガンスと何が違うかというと、原材料であるブドウによりこだわりを持っているかいないかの違いが非常に大きいです。

カミュVSOPボルドリーの希少性は高い!

そもそも、ボルドリーは、ボルドリー地方で採取されたブドウのみを使って作られています。

ちなみに、このボルドリー地方で採取されたブドウは、カミュやヘネシーなどを含めた、コニャック全体のわずか5%しか使われていません。

つまり、同じVSOP系のブランデーブランドであるものの、ボルドリーの方が、圧倒的希少性が高いのです。

買取価格はVSOPエレガンスと桁違い!

そのため、買取価格でも大幅に差が付き、2000円~3000円が相場と言われています。

同じVSOP系でも、希少性が高まることで、買取価格が高騰しています。

カミュXO ボルドリーの買取相場:4000円~5000円


出展:アマゾン

さて、カミュボルドリシリーズにはXO規格のボルドリーも存在します。

XOも、ブランデーの規格でみられるモデルの一つで、熟成7年以上の原酒をブレンドし作られています。VSOPボルドリーの買取相場より、若干高く、4000円~5000円が相場と言われています。

カミュXOロングネックの買取相場:3000円~5000円

カミュXOロングネックは、カミュ系ブランドのブランデーの中でも比較的まとまった落ち着きを感じる香り・味わいのブランデー。

すでに販売終了しているブランドで、希少性が非常に高く入手しづらいのが率直なところ…

意外と買取価格は付かない…

なお、気になる買取価格は、3000円~5000円が相場と言われています。

本来ならば、1万円くらいまで付いてもおかしくないモデルですが、基本的にウイスキーとは異なり、熟成期間のやや短く、価値が極端に高騰しません。

カミュ イルドレファインアイランドの買取相場:1500円~2500円


出展:アマゾン

カミュシリーズのブランデーは、『より甘さ・まろやかさが強調され、その中にほのかなスパイシー感も楽しめるブランデー』という、大きな特徴を持っています。

なので、ウイスキーとも異なる独特のスモーキーさはそんなに強くなく、飲みやすいという印象が強いです。

しかし、カミュ イルドレファインアイランドは、その概念を大きく覆している特徴を持っています。

潮の香りも味わえる独特の風味・味わい

実は、カミュ イルドレファインアイランドは、フランスにある、ボア・ゾルディネール地区の『レ島』という島で作られています。

何故島で作られたカミュが独特なのか…

それにはある明確な理由が存在します。

『レ島』が、ブランデー作りに適していない理由

『レ島』は、小さな島で、潮風の影響を受けやすく、本来はブランデーを作るのに適していません。

甘さ・まろやかさ・スパイシー感が、塩味の強さで一気に吹き飛んでしまうので、どうしても、ブランデー作りには適していないと思われていたわけです。

塩味をあえて武器に…

しかし、レ島に住む生産者は、この潮風をあえて特徴としてポジティブに捉え、個性的なブランデーとしてブランド化することに成功!

少し塩味があり、それして甘さやスパイシーさと融合した独特のブランデーとして、人気を博しているわけです。

買取市場ではあまり価値は付かず…

個性も強く人気も高いとあれば、その価値は高いと思われがちですが、意外と買取価格は2000円前後までしか付きません。

そもそも、一般的に流通されているモデルでもあり、入手が難しくないため、人気が高くても買取価格は高く付かないのです。

個性的で人気が高いからといっても、必ず高価で買取りされるとは限らないことを理解しておきましょう。

カミュナポレオンの買取相場:1500円~2000円


出展:アマゾン

カミュナポレオンは、5年~12年の樽熟成期間の原酒をブレンドしたモデル。

高級ブランデーであることには違いなく、多くのファンから高い評判を得ています。

買取価格は付かないが、入手しやすくおいしいブランデー

ただ、一般的に入手しやすく、買取価格1500円~2000円とさほど付かないです。

カミュ トラディションの買取相場:60000円~80000円

ここまでのカミュブランドの紹介を見て貰って分かるとおり、比較的に買取価格も付きづらく、入手もしやすい印象が強いブランデーですよね。

ただ、カミュトラディションは話が別!

バカラとコラボされた極上モデル!

高級クリスタルグラスメーカー『バカラ』とコラボ。ボトル自体が、バカラ製であるため、ボトルだけでも超高級。

砂時計の下半分というか、フラスコを少し丸めたようなデザインボトルで、ボトルのデザイン性だけでも独特の世界観を感じさせられます。

もちろん、中身も最古の原酒を使ってブレンドしているので、香り・味わい共に濃厚。

まるで香りを楽しむかのようなブランデーで、特にロックで楽しめると多くのファンから150年という長い間愛され続けている超高級ブランデーです。

トラディションは、買取相場で判断できるお宝モデルの1つ!

買取価格も一気に跳ね上がり60000円~80000円が相場と言われています。

今まで紹介したカミュシリーズとは、比べものにならないくらい価値の高いモデルなので、自宅で眠らせるのはもったいないですよ。

もし、自宅で眠っているなら、しっかり、買取査定に出しましょう。

カミュ ミシェルロイヤルの買取相場:50000円~80000円

カミュミシェルロイヤルも、トラディション同様、カミュの最古酒を原酒として作られた最上級のブランデーモデル。

香り・味も、かなり上品でまろやか。

トラディションのように、凄く濃厚で、深みのある大人のブランデーといった印象が伺えます。

買取価格もトラディション同様高額!

さて、気になる買取価格ですが、一般的には50000円~80000円が相場と言われています。

ただし、多くの優良買取店では、7万円以上で買取りされているケースも多く、以外と、9万円近くで買取りされる可能性も高いです。

まぁ、いずれにしてもカミュの中では比較的高額で買取りされるブランドなので、買取を考えている方は、一度査定に出してみてくださいね。

カミュ カラフェの買取相場:13000円~21000円

カミュカラフェは、樽熟成6年以上の原酒をブレンドして造られた奥行きの深いブランデーモデル。

カミュがもたらす甘さ・爽やかさを、レモンや砂糖を織り交ぜながら味わうと、カラフェは実に楽しめますね。

全て飲みきった後も、ボトルだけを取り置きし、他のお酒のボトルとして愛用する人も少なくありません。

バカラが生み出す独特の輝きが、実にまばゆく感じ、カラフェをより高級名ものに仕立ててくれているので、一度は手にしてみたいブランデーですね。

買取価格上では、中間的価値のあるカラフェ

さて、外見上でも楽しめるカミュカラフェの買取価格ですが、さすがに、トラディションやミシェルロイヤルと比較すると、そんなに高くはありません。

大体、13000円~21000円が相場と言われ、極端に高騰しているわけではないものの、カミュブランドの中では中間位置の価値を持つモデルです。

カミュは、一部例外を除き、高価買取が付きづらい…

カミュは海外ブランドのブランデーであり、ジャパニーズウイスキーのような圧倒的人気や原酒不足故の入手困難はそれほど起こっていません。

もちろん、トラディション・ミシェルロイヤルなどの、一部例外もありますが、比較的入手は簡単なので、どうしても買取価格は付きづらいです。

なので、あまり欲張って買取交渉しても、良い結果は出ないと考えた方が無難!

もちろん、極端に安い価格で買取りに出すのは控えるべきですが、ある程度妥協も必要と考えて、買取に出すよう心がけましょうね。

スポンサーリンク

高く売れるカミュの特徴

基本的カミュの買取価格は、あまり高騰している印象は伺えません。

ただ、一部のブランドに関しては、最大8万円で買取りされているわけですし、高騰している傾向は伺えます。

では、それらのブランドは、何故、買取価格が高騰しているのでしょうか。

早速、高騰する理由3つを見ていきましょう。

独特の魅力を放つバカラボトルは高く売れる

トラディションやミシェルロイヤルの買取価格が高騰している一つの理由に、バカラとのコラボによる独特のデザインボトルが人気と考えられます。

トラディションの三角錐のような安定したデザインボトルも、ミシェルロイヤルのような、少しいびつで独特な世界観を感じるデザインボトルも、実に美しい!

特にミシェルロイヤルは、スタイルの良い女性を彷彿するような美しさで、そのボトルのデザイン性が、多くのファンから支持されています。

このように、超一流クリスタルグラスブランドのバカラとコラボされていることが、カミュそのものの価値を高め、買取市場で高価で取引されているのです。

古いビンテージのものは高く売れる

カミュ150年の歴史が詰まっています。

トラディションミシェルロイヤルは、カミュシリーズの中でもトップを誇る買取価格の高騰を見せています。

まぁ、最大8万円までの高騰ですから、ジャパニーズウイスキーで高額で買取りされている品種と比較すると、雲泥の差なのは否めません。

ただ、それでも高騰を見せているのは事実で、カミュの中で最古の原酒をブレンドしていることも、その要因の1つ。

カミュの歴史はコアなファンにウケが良い!

150年の歴史が凝縮され希少性を増しているからこそ、コアなファンは、多少高くとも入手したいと考えているわけです。

そして、その想いが、買取市場でくみ取られ、価格が高騰していると言うわけ。

入手自体は極端に難しいわけではないので、価格が何十万と高騰している訳ではありませんが、それでも8万円まで付けば、結構高値と言えますよね。

特に、トラディションミシェルロイヤルの2品種に関しては、買取相場をしっかりわきまえ、格安で買取査定する業者で売却はしないように心がけましょう。

こだわりの高い2モデルは買取価格も高い!

トラディションミシェルロイヤルなどは、比較的入手困難で、カミュブランドのこだわりが伺える超人気モデルです。

だからこそ、買取市場でも高く評価されています。

買取価格が高騰する理由・品種を知れば、査定時に損をしない!

カミュは、比較的に入手しやすい海外ブランドのブランデーなので、そのことを逆手に、大幅に買取価格を下げる業者も中にはいます。

もちろん、カミュVSOP エレガンスのように、全く価格が付かないモデルであれば、諦めも付きますが、トラディションやミシェルロイヤルとなると話が別…

もし、自宅に眠っていたカミュが、亡くなった家族の大切なコレクションだったとしたら、悔やみきれないことになりかねません。

そんな悲惨な状態に陥らないように、まずは、買取価格が高騰する品種(モデル)と、高騰理由を確り抑えておきましょう。

その上で、買取査定を確かめ、納得いく状態で買取って貰うことをおすすめします。

お酒
スポンサーリンク
urisaki

コメント

タイトルとURLをコピーしました