スプリングバンクの買取!高く売るために知りたい相場と知識

お酒

本記事では、スプリングバンク各モデルの魅力・買取相場をご紹介します。

ウイスキーの都とも呼ばれ慕われているスコットランド・キャンペルタウンで作られているスコッチウイスキーの1種『スプリングバンク』

『モルトの香水』とまで称され、味わいだけで無く、口や鼻に広がる香りは、多くのファンから愛されています。

ぜひスプリングバンクのことを知り、買取の際の参考としてくださいね。

スポンサーリンク

スプリングバンクの買取相場

スプリングバンクは、ウイスキーファンならほとんどの人が知る超有名なスコッチウイスキーです。

とはいえ、海外ブランドのウイスキーですし、ウイスキーに馴染みの無い人にとってはあまり馴染みがないのが現状…

では、早速、ウイスキーに馴染みの無い人が、買取に出す際の参考となるように、各ビンテージモデルの魅力・買取相場をご紹介していきますね。

スプリングバンク10年の買取相場:1800円~2300円


出展:アマゾン

ウイスキー愛好家のの中では、『モルトの香水』とまで称された人気ウイスキー『スプリングバンク』スプリングバンク10年は、その中でも比較的若く、ベーシックと言うべきビンテージモデルです。

色味は、若いウイスキーに見られがちな黄金色をしていますが、バニラ・シナモンの甘さ・ほろ苦さがほどよく融合し、その中には若干の塩辛さも含まれています。港町に建てられているスプリングバンク蒸留所の個性がうまく描かれ、唯一無二のスプリングバンクという印象さえ与えてくれます。

10年ものでも買取価格は低調気味…

さて、気になる買取価格ですが、1800円~2300円が相場と言われています。

スプリングバンク10年は、比較的若く入手しやすいため、価格が付きにくいビンテージモデルです。

ただ、少なくとも10年ものの人気ウイスキーなので、2000円前後の価格が付くことは間違いありません。

スプリングバンクTEN10年:2000円~3000円

スプリングバンクTEN10年は、基本的な中身は、スプリングバンク10年と変わりありません。

唯一の違いは、スプリングバンク10年に見られた個性の一つ『塩辛さ』が際立っていると言うこと…

これは、完全に好みの問題となってしまうのですが、この塩辛さがまた一つの癖を造り上げているため、一度はまったらやみつきになるウイスキー。

それだけに、スプリングバンク10年以上に癖があり、『独特の塩辛さ』が楽しめるウイスキーと人気を博しています。

個性の分だけ、若干買取価格は高騰!

さて、気になる買取価格ですが、2000円~3000円が相場と言われています。

ただし、基本的には、スプリングバンク10年とほぼ同じ価格と考えて問題ありません。

コアなファンを顧客に持つ一部の買取業者のみ、希に3000円弱の値段をつけるというのが正直なところで、大体2000円ちょっとと考えた方が無難です。

ただ、わずかながらもスプリングバンク10年より価値が高いわけですし、もし自宅にあって処分に困っているなら、思い切って買取に出してくださいね。

スプリングバンク12年カスクストレングスの買取相場:3000円~6000円


出展:アマゾン

通常、ウイスキーは、シングルカスク・ブレンデッド共に、適量の水を加え、アルコール度数をうまく調整してボトリングされています。

ところが、カスクトレングスは、その加水を一切行わずにボトリングしているため、非常に希少で、コアなファンにはウケが良いと言う話も…

スプリングバンク12年カスクトレングスは、12年熟成された原酒を掛け合わせながら、それでいて加水がないのが大きな特徴!

加水しないことで、樽で熟成させたそのままの原酒が掛け合わされているだけなので、アルコール度数が60度になるなんてことも…

純血のスプリングバンクだからこそ人気も高い!

それでも樽で熟成されたままのスプリングバンクを味わいたいと、コアなファンからは、非常に人気を集めているスプリングバンクの品種の一つと言われています。

アルコール度数が高くとも、香り・味は奥深い!

味や香りは非常に濃密で、フルーティーかつピート感が堪能できることは間違いなく、それでいて実にまろやか

レーズンやドライフルーツのような果実に甘さに、蜂蜜のようななめらかな甘さが融合され、さらに、チョコレートのようなビター感がほのかに広がっていく…

一見、アルコール度数が高くパンチのある味わいなのかというと、決してそういうことではありません。

純粋に、スプリングバンクそのものの香り・味わいが楽しめる一本となっています。

希少ながらもそれなりの買取価格…

買取価格は3000円~6000円が相場と言われています。

正直なところ、希少価値も高い品種ですし、もう少し高くても良いような気はするのですが、買取市場ではそこまでの価値は上がっていません。

一つは、12年という若い原酒を用いたウイスキーであること。

そして、海外ブランドとしての知名度の低さ。好き嫌いの好みが分かれやすいことが、一つの要因となり、需要の低さを生んでしまっている模様です。

スプリングバンク 12年オールドボトル青アザミの買取相場:30000円~40000円

スプリングバンク12年オールドボトル青アザミは、現在では販売されていない旧ボトルの一つ。

他にも赤アザミ緑アザミという旧ボトルもありますが、通常、青アザミは緑アザミと呼ばれることがあり、基本赤と青の2種があると考えた方が良いですね。

赤アザミ・青アザミの違い

基本的には、1990年代に流通していた品種で、赤アザミはバーボン樽、青アザミはシェリー樽で熟成させた原酒を用いて作られています。

青アザミはシェリー樽で熟成された原酒を用いてブレンドされているので、フルーティーでまろやかな味わいが非常に特徴的!

もちろん、ビターでスパイシーな香り・味わいも感じられ、ウイスキー通が唸るビンテージモデルといえます。

旧ボトル故の希少価値が認められた買取価格の高騰!

さて、気になる買取価格ですが、30000円~40000円が相場と言われています。

やはり、すでに販売終了となっている希少ボトルである故に、買取市場でも価値が高まり価格が高騰

もし、自宅で眠っている場合は、ちょっとしたお宝となる可能性が高いモデルなので、ぜひ買取査定に出してみましょう。

スプリングバンク12年陶器ボトルの買取相場:8000円~12000円


出展:アマゾン

カミュとバカラがコラボした限定ボトルや、響35年三代目徳田八十吉といったように、世の中のお酒を見ていくと、限定コラボ商品も多数見られます。

その中の一つとして、スプリングバンク12年陶器がコラボしたモデルは存在します。

陶器ボトル故のエレガントな一品!

スプリングバンクは、フルーティーでビターな香りの中に塩味が加わり、独特の世界観を持つスコッチウイスキー。

しかし、このスプリングバンク12年陶器ボトルは、ちょっと趣が異なります。

バランス良く体感できる風味が一つの魅力のスプリングバンクですが、陶器ボトルに詰められたことで、フルーティーな風味が若干抑えられています。

ただ、魅力が低減したということでは無く、逆にエレガントで上品な装いに進化したと言うべきでしょう。

海外ならではの陶器とうまくコラボされ、だるま型の独特な外見と、フルーティーさは抑えられつつも上品でエレガントな風味

その点が、他のスプリングバンクと異なる、『大人のウイスキー』としての人気が高まっている希少ボトルといえますね。

好き嫌いはっきり分かれるからこその市場価値(買取価格)

さて、気になる買取価格ですが、8000円~12000円が相場と言われています。

やはり、少し異なる個性的なところが、逆にスプリングバンクを好むファンから敬遠されているところもあるのかもしれませんね。

もし、本当に需要が高く希少性が高いのであれば、この価格は違和感を覚えます。

もちろん、本当に好きな人にはたまらないボトルであることに間違いありません。

買取価格の理由は、好みの差の大きさや若きビンテージモデルであること…

ただ、海外ブランドのウイスキーは、どうしても人による好みの差がはっきり出やすく、需要に影響しづらい部分があります。

また、多少中身が異なるとしても、12年ものであることに変わりありません。

そのことを考えると、最大12000円が妥当なのでしょうね。

ただ、それでも必要ない人からしてみれば、最大12000円で買取りしてもらえるのですから、ちょっとしたお宝品であることに違いありません。

必要とするファンはまだまだいますし、需要が落ちていくことはまず考えにくいボトルなので、必要なければ、一度買取に出してみてください。

スプリングバンク14年バーボンウッドの買取相場:10000円~12000円

スプリングバンク14年バーボンウッドは、そのなお通り、バーボン樽で熟成された原酒のみを掛け合わせて作られたスコッチウイスキー。

しかも、キーモルトは14年ものの原酒で、これまでご紹介した12年ものまでのスプリングバンクト比較して、香り・味わいは濃厚。

極端な価格の高騰は望めなくても、なかなかの買取価格!

10000円~12000円が買取相場。

バーボンウッドとあって希少性も上がり、若干、価格も上がり気味。14年ものなので超希少とまではいかず、11000円前後が良いところと考えた方が無難ですね。

スプリングバンク15年の買取相場:3500円~4000円


出展:アマゾン

スプリングバンク15年は、シェリー樽で15年熟成させたキーモルトを軸にブレンドして造り上げたスプリングバンク(スコッチウイスキー)です。

特別な限定モデルではありませんが、12年よりもさらに熟成が進み、香りも味も濃厚…

もちろん、スプリングバンク特有の、フルーティーでビターな香り・味わいは高まり、若者から大人まで十分楽しめます。

限定性・希少性の無い若いスプリングバンクは、買取価格も低調…

さて、スプリングバンク12年よりも3年余分に熟成が進んだ15年ものですが、買取市場では、3500円~4000円と、それほど価値は上がっていません。

やはり、12年ものの限定品(カスクトレングス陶器ボトル)と比較して希少価値が低いだけに、需要が付きづらいのが一つの要因!

ただ、需要が無いわけでは無く、トータルで買取価格が低いということに過ぎません。

必要として求めているファンも多いですし、次の人にバトンを渡すという意味でも、もし必要なければ、ぜひ買取に出してみてくださいね。

スプリングバンク18年の買取相場


出展:アマゾン

スプリングバンク18年となると、これまでのモデルと少し異なり、高級感が高まった印象が伺えます。

シェリー樽で熟成された原酒を80%使ってブレンドされているものの、18年の熟成が、甘さよりも酸味を強調させ、まさに大人の1杯へ進化…

幾重に絡んだ個性のハーモニーが特徴的!

パパイヤ・伊予柑・パインといったフルーツの甘さ・酸味を感じさせる香り・味わいをベースに、バニラのようなほのかな甘さが味わいの立体感を生んでいる…

ただウイスキーというだけでなく、スプリングバンク18年は、その歴史というか世界観を感じさせてくれる、重みのあるビンテージモデルと言えます。

リッチ感が得られるからコソの買取価格

さて、そんな魅力を持つスプリングバンク18年の買取価格ですが、5000円~6000円が相場と言われています。

やはり少しリッチな装いに進化しただけあって、極端には上がっていないと言っても、12年15年と比較し、市場価値は若干高まっていますね。

特別なプレミア価値がなくとも、18年のビンテージクラスとなるとそれなりの価格で取引されていることが伺えます。

ただ、特に際立ったプレミア価値があるというわけでは無いので、中には、安く買いたたく業者もあるでしょう。

それだけに、しっかり相場を把握し、1000円弱の買取といったような、極端に安い価格を提示する業者は避けて、買取に出すよう心がけましょう。

スプリングバンク21年の買取相場:12000円~25000円


出展:アマゾン

スプリングバンク21年は、1990年代にビンテージモデルの一つとして、リリースされ、現在では販売終了している希少性の高いウイスキー。

2012年に復刻版として少量限定販売されたこともあって、根強いスプリングバンクファンから慕われたビンテージモデルとして知られています。

バーボン樽シェリー樽をはじめとする樽で熟成された原酒を用いてブレンドされ、販売されたのはわずか3800本のみ!

ビンテージだけでも十分価値を示した買取価格

さて、気になる買取価格ですが、すでに販売終了されたビンテージモデルなので、少し高めの12000円~25000円が相場と言われています。

さすがに、陶器ボトルのようにプレミア価値の高い限定モデルと比較すると、若干価格は低めですが、単純にビンテージモデルだけで比較するとかなり高騰です。

スプリングバンク25年

日本に出荷したのは、わずか120本とも言われ、もはや幻のビンテージモデルという印象すら強い、スプリングバンク25年

100%シェリー樽で熟成された原酒をブレンドし、作られたウイスキーで、香り・味共に、フルーティーな仕上がりになっているのが大きな特徴!

もちろんウイスキーである以上、スモーキーフレーバーもしっかり感じることが出来ます。

ただ甘いだけで無い、酸味やほろ苦さが幾重にも楽しめる極上の一杯と言えますね。

世界でも1200本限定出荷だから、買取価格は一気に高騰!

さて、気になる買取価格ですが、日本国内で120本限定、世界中でもわずか1200本しか出荷されていない、スプリングバンク25年はかなり高額!

なんと、85000円~90000円の価格で取引されていると言われています。

海外ブランドのウイスキーだからといっても、これだけの希少価値とビンテージが付けば、需要は自ずと上がっていきます。

スプリングバンク25年という希少価値の高いビンテージモデルの買取価格がそのことを証明してくれましたね。

スプリングバンク25年は、買取市場でも非常に価値が高く入手困難なビンテージウイスキーなので、ぜひ、買取査定に出してください。

予想を超える超高価買取で大きな臨時収入となるかもしれませんよ。

ビンテージ・希少価値(限定性)が高ければ、高価買取も期待大!

スプリングバンクも他の海外ブランドのお酒と同じく、何十万円以上の、極端な高価買取は期待できません。

ただし、一部の例外モデルは話が別。

さすがにジャパニーズウイスキーと比較したら、高額とは言えませんが、それでも、スプリングバンク25年のような例もあり、高価買取は期待できます。

なので、まずは、買取査定に出して観ることから始めてください。

スポンサーリンク

スプリングバンクが高額になる理由

スプリングバンクも、ジャパニーズウイスキーに比べれば、まだまだ高騰具合は低いです。

その点は否めませんが、それでも、買取価格が高騰しているモデルは確実に存在しています。

では、スプリングバンクの買取価格が高騰している理由を3つご紹介していきますね。

理由1:他に見られない個性を持っているから

スプリングバンクが、人気の高いスコッチウイスキーであることに違いありませんが、想像以上に価値が高まることはありません。

そのことは、本記事でご紹介した買取相場を見たら一目瞭然ですよね。

ただ、その中で、価格が高騰している『スプリングバンク 12年オールドボトル青アザミ』や、『スプリングバンク25年』には、ある共通点が存在します。

買取価格が高騰するモデルの共通点

その共通点とは、他に見いだせない唯一無二の個性

例えば、スプリングバンク12年オールドボトル青アザミは、旧ボトルという希少性が、一方、スプリングバンク25年は、出荷数が極端に低いという希少性が…

それぞれ、他では手に入れられない希少性が存在していることで、スプリングバンクは大きな魅力をファンに与えているのです。

もちろん、旧ラベルも出荷本数の少なさも、他のウイスキーでも多く見られています。

ただ、スプリングバンクの旧ラベルは、他のウイスキーでは手に入りませんよね。

また、いくら出荷本数が少ないといっても、世界で1200本限定となると、その規模の出荷をしている銘柄は、極めて少ないはず…

このように、他で手に入らない希少性が、ウイスキーファンの心をくすぐるからこそ買取市場で高騰しているわけです。

理由2:キャンベルタウンで育んだ希少性の高いウイスキーだから

スプリングバンクが、スコットランド・キャンベルタウンで育まれたウイスキーだということは、冒頭からお話ししたとおり。

そもそも、キャンベルタウンは、スコッチウイスキーの4大生産地(そのほかは、ローランド・ハイランド・アイラ島)の一つとして有名。

その上、キャンベルタウンでの歴史を振り返ると、アメリカで起きた大恐慌禁酒法によって次々閉鎖されてしまい、現在、蒸留所はわずか3軒のみ…

つまり、今後も見据えた上で言うならば、スプリングバンクそのものが減少していく可能性があるというわけ。

今すぐで無くとも将来消滅の可能性もあるから、人気が高騰しやすい!

もちろん、3軒の蒸留所が存在しているわけで、今すぐ消滅することはありません。

ただ、中にはスプリングバンク25年のように、超希少性の高いビンテージモデルもありますし、今後、蒸留所の減少が起きれば、消滅の可能性も…

それだけ、希少性が高いからこそ、買取市場でも価格が高騰しているのです。

理由3:映画で用いられ大ヒットしたから

皆さんは、2013年に公開された映画『天使の分け前』をご存じでしょうか。

スコットランドを舞台に、監督:ケン・ローチ、主演:ポール・ブランカ、ジョン・ヘンショーが手がけた作品として人気を集めました。

映画『天使の分け前』とは?

ストーリーは、元犯罪者が、父親となっても性根変えることが出来ず、ウイスキー樽を盗んで、オークションに売りさばくというストーリー。

しかも、その売りさばいた金で家族を養いハッピーエンドとなる、なんとも後味の悪い映画作品という印象を受けます。

ただ、個人的には、本作では、人の感性・価値観というのは簡単に変わるものではないので、自分らしく生きるべきという教えがあったのでは無いかと思います。

もちろん、自分らしくあって良いからと言って、犯罪に手を染めて良いとは思いませんが…(笑)

ドラマ・映画の影響度が買取価格高騰につながる!

さて、話を元に戻しますが、スプリングバンク21年は、この映画『天使の分け前』で主人公たちが盗んだウイスキー樽に入っていたウイスキーでした。

そのことが話題となり、スプリングバンク自体が、人気を博していったのです。

そして、買取市場でも高騰していきました。

ジャパニーズウイスキー人気高騰もNHK朝ドラがきっかけ!

ジャパニーズウイスキーが原酒不足となり高騰した背景に、NHK朝ドラ『マッサン』の影響があったという話は有名です。

まさに、スプリングバンクの高騰は、マッサンに影響されたジャパニーズウイスキー人気急騰と同じであると言えますね。

ただ、それはスコットランドでの話で、日本では、極端に高騰している訳ではありません。

そこは国内・海外ブランドの違いなのでしょう。

キャンベルタウンが育んだ歴史はスプリングバンク人気を支える!

以上が、スプリングバンクが高騰する主な理由3点です。

まさに、スプリングバンクは、キャンベルタウンと共に育まれてきた、歴史あるスコッチウイスキー

歴史映画人気など、様々な理由で、買取価格は高騰していますが、そこに希少性が加わり、日本国内でも価値を高めています。

蒸留所の数はかなり減少してしまいましたが、まだまだ、キャンベルタウンが存続する限り、スプリングバンクはその価値を高めていくことでしょう。

スプリングバンクを知る上で、ぜひ、キャンベルタウン愛歴史の深さも体感し、その価値の高さを理解してくださいね。

お酒
スポンサーリンク
urisaki

コメント

タイトルとURLをコピーしました