イチローズモルトの買取!買取相場から隠れた魅力がいっぱいイチローズモルトまとめ

お酒

イチローズモルト』の買取情報を相場含めてまとめました。

埼玉県秩父にある酒造メーカー『ベンチャーウイスキー』は、ウイスキーブランドとして、サントリーやニッカウヰスキーに並び非常に人気を博しています。

常に完売状態となり入手困難とも言われているイチローズモルト。

本記事で、その魅力や買取相場、買取価格の高騰理由をご紹介します。

スポンサーリンク

イチローズモルトの買取相場

イチローズモルトは、冒頭でもお話ししたとおり、『常に完売状態が続き、非常に入手困難』という話もあるほど、人気の高いウイスキーブランドです。

では、早速、イチローズモルト各モデルの魅力と買取相場をご紹介していきますね。

イチローズモルト ワインウッドリザーブWWRの買取相場:5000円~8000円


出展:アマゾン

イチローズモルト『ワインウッドリザーブWWR』は、まさにその名の通り、赤ワイン用の樽で熟成させた原酒を用いて造られた、個性的なブランドモデル。

当然と言うべきか、赤ワインを想像させるフルーティーな味わいと、ウイスキー独特の茶褐色に赤ワインの色味が加わった外見は、実に印象的!

もちろん、ウイスキーである以上、チョコ・カカオを彷彿するようなビター感も得られるし、香り・味わい共に奥深く濃厚で、ファンからも非常に愛されています。

買取価格はそれなりでも、今後高騰する可能性大!

さて、気になる買取価格ですが、大体5000円~8000円が相場と言われています。

しかし、ワインウッドリザーブWWRは、現在酒屋に1本あれば御の字と言われるくらい出荷量が極めて少ないと言われていて、今後高騰する可能性も…

なので、すぐには買取に出さず、無料で査定を受けられるところに、数カ所査定に出した上で、買取価格の高騰を待った方が良いかもしれません。

今すぐ買取に出しても、十分お得…

もちろん今すぐ処分したい場合でも、6000円前後の価格で買取りしてもらえるので、十分満足は出来るはず…

現在はそれなりの買取価格ですが、将来、大きく高騰する可能性も秘めたブランドモデルと理解した上で、買取に出すようにしましょう。

イチローズモルト ミズナラウッドリザーブ MWRの買取相場:5000円~7000円

イチローズモルト ミズナラウッドリザーブ MWRは、イチローズモルトの中でも最もオーソドックスなウイスキーと言われているモデルです。

基本的にはミズナラ樽で熟成させた原酒を用いて作られ、果実酒のような甘さ・酸味に加え、スパイシーな香りも適度に醸し出されている。

そんな、ミズナラ樽だからこそ味わえる、ジャパニーズウイスキー本来の香り・味わいが実に特徴的な一本です。

オーソドックスなために、買取価格はそれなり…

さて、気になる買取価格ですが、5000円~7000円が相場と言われています。

確かに人気モデルであることに違いないのですが、イチローズモデルのスタンダードということもあり、極端な高騰は見込めません。

ただ、それでも、ほとんど価値の付かない海外産ウイスキーや、一部のブランデート比較するとかなりの高額と感じます。

もし不必要で処分に困っているのであれば、いっそのこと買取に出してみるのもおすすめですよ。

イチローズ・モルト 秩父ザ・ファーストの買取相場:3000円~7500円

出展;アマゾン

2008年の蒸留所設立からわずか3年で造り上げたと言われる、若きビンテージウイスキー『イチローズモルト秩父ザ・ファースト』

国内外併せて、出荷本数7400本ながら、世界基準と認められた秩父ザ・ファーストは、バーボン樽原酒をキーモルトとしてたシングルモルトウイスキー。

さて、気になる買取価格ですが、3000円~7500円が相場と言われています。

確かに、世界で7400本しか出荷しておらず、希少価値は高く感じますが、熟成期間が3年の原酒をキーモルトとした、若い年代のウイスキーに違いありません。

その若さ故に、どうしても買取価格の高騰は低くなりがち。最大でも7500円での買取りとなってしまうようです。

イチローズモルト カードシリーズの買取相場:20万円~200万円

イチローズモルトカードシリーズは、イギリスのウイスキーマガジンにも取り上げられ、人気を博したブランドモデルの一つ。

トランプのカードと同じく54種類、存在します。

カードシリーズそれぞれの違い・共通点

違いは、『ミズナラ樽の原酒を用いて造られている』『シェリー樽の原酒を用いて作られている』など、様々…。

ただ、共通点があるとするなら、『トランプの札をモチーフにしたラベル』『シングルカスクウイスキーであること』の2つが共通。

そのため、コアなファンは、その全てを集めようと必死になり、完売必死のブランドと言われているわけです。

カードシリーズの代表格2つを紹介!

さて、今お話ししたように、イチローズモルトカードシリーズをひとくくりにしてお話しするのは非常に難しいので、代表の2種のモデルをご紹介します。

イチローズモルトカードシリーズ・エース オブ スペーズ

イチローズモルトカードシリーズの中でも特に人気の高いモデルと言われているのが、この『エースオブスペーズ』

その名の通り、スペードのエースを模したラベルが特徴となるウイスキーですが、人気の理由はそれだけではありません。

ウイスキーの醍醐味が味わえるスモーキーフレーバーが魅力!

エースオブスペーズは、イチローズモルトカードシリーズの中でも、最も人気を博していますが、その人気理由の一つが、スモーキーフレーバーにあります。

ミズナラ樽の原酒を用いて造られ、ウイスキー特有のスモーキーフレーバーが人文に楽しめる、まさに大人のウイスキーという印象の強いモデルです。

深みが買った黄金色というウイスキーならではの色味も含め、外見・味・香りの3拍子揃った絶品!

買取価格も100万円以上!

そんな優れたブランドモデルだから、買取価格100万円を超えるとさえ言われているのです。

正直なところ、まず、手に入ることはほとんど無く、一杯でも飲めたら奇跡と言うほどの極上品と言えますね。

イチローズモルトカードシリーズ・ジョーカー モノクローム

イチローズモルトカードシリーズ・ジョーカーモノクロームは、ジョーカーがラベルに施されたカードシリーズの1モデル。

比較的新しく、別途追加されたモデルだけに、価値が若干低いかと思いきやそうでもありません。

なんと熟成期間33年とも言われ、その香り・味わいは実に濃厚。

ドライマンゴーやメイプルシロップを味わうかのように、口当たりがなめらかでほのかな甘さは、思わずうっとりしてしまいそう…

また、カカオのようなビター感も口全体に広がり、その香り・味わいは、サントリー山崎・響にも匹敵するほどの奥深さを持っています。

買取価格が200万超えるケースも…

しかも、コアなファンの間では非常に価値が高いと言われ、買取価格にすると200万円を超えるという話も…

カードシリーズの中でも最も人気を博している『エースオブスペーズ』以上に価格が高いとは、まさに驚きの一本ですね。

もし、不必要なジョーカーモノクロームが自宅に眠っているなら、とんでもないお宝に化けること間違いありませんよ。

カードシリーズは超高級品!

ここで挙げた2モデルは、カードシリーズの一部に過ぎませんが、いずれも超高価買取が期待できるモデルのウイスキーです。

それもそのはず、このカードシリーズは、世界でも400本しか出荷していない超プレミアウイスキーなのです。

安くて20万円以上、最大200万円以上も期待できる!

だから、安くとも20万円で買取られるケースが非常に多いです。

もちろん、ジョーカーモノクロームのように、最大200万円で買取られるモデルも存在し、54種類あるのでピンキリですが、かなりのお宝にはなりますよ。

なので、もし、イチローズモルトカードシリーズが自宅で眠っているなら、買取に出す大チャンス!

ぜひ、一度、買取店に買取相談し、納得のいく額で買取って貰いましょう。

イチローズモルト百貨店限定ボトルの買取相場:30000円~45000円

ウイスキーブランドには、これまで数々のコラボ限定商品が販売されてきました。

中には、三代目徳田八十吉という陶芸家とコラボして手がけられた『響35年三代目徳田八十吉』のような、かなりの希少価値を高めたモデルも…

さて、そんなコラボモデルの一つとして、手がけられた商品が、イチローズモルト百貨店限定ボトルです。

百貨店とコラボされた限定ボトル

実は、この百貨店限定ボトルは、高島屋伊勢丹東武百貨店のような一流百貨店のためだけに、それぞれブレンドやラベルを変えて販売した限定ボトル。

もちろん、百貨店そのものは名を貸しているに過ぎませんが、いずれにしても、各百貨店で異なる独自の限定ボトルとして販売されていることに変わりありません。

百貨店ボトルもコレクターたちの心をくすぐる限定ボトル

その点に関しては、ある種、カードシリーズのように、コレクターの心をくすぐる百貨店ボトルシリーズといえるでしょうね。

百貨店とコラボしているだけで、3万円以上の買取価格が…

さて、気になる買取価格ですが、30000円~45000円が相場と言われています。

多少ブレンドの違いはあるとは言え、百貨店が何か特別なことをしている訳では無く、ただ名前を貸しているに過ぎません。

また百貨店ボトルの数も極端に少ないわけではないので、買取市場での価値も少し伸び悩んでいるといったところでしょう。

とはいえ、必要としないイチローズモルト百貨店ボトルが、30000円~45000円で買取してもらえたら十分お得です。

ぜひ、一度買取店に査定してもらってくださいね。

イチローズモルトダブルディスティラリーズDOの買取相場:6000円~8000円

埼玉県羽生市に構える羽生蒸留所で手がけられた、ベンチャーズウイスキーのブランドモデル『イチローズモルトダブルディスティラリーズDO』

葉っぱのマークがデザインされたラベルや、ホワイトオーク材で作られたパンチョン樽を用いて蒸留させた原酒が用いられ、ブレンドされたところが特徴的…

さらにいうと、秩父蒸留所シングルモルトウイスキーとブレンドされたウイスキーで、また違った装いが楽しめます。

上品でエレガントな味わいのウイスキーとしてダブルディスティラリーズDOは人気を博していますが、すでに作られておらず入手困難。

それだけに希少性が高く、買取市場でも販売当初の定価だった6000円~8000円が相場と言われています。

イチローズモルト15年ファイナルビンテージ・オブ・羽生の買取相場:70000円~90000円

ベンチャーズウイスキーは、世界の5大ウイスキーメーカーとしても認められ、現在も創業しているますが、何故かファイナルという名前のブランドモデルが…

その一つに挙げられるのが、このイチローズモルト15年ファイナルビンテージ・オブ・羽生です。

それにしても、なぜ、このようなネーミングのウイスキーが出てくるのか、ウイスキー通ではない方には、いささか疑問を感じる一本とも言えるかもしれません。

羽生蒸留所とベンチャーズウイスキーの関係

そもそも、羽生蒸留所の創業者と、ベンチャーズウイスキーの創業者は、祖父・孫の関係にありました。

祖父の代から創業された羽生蒸留所のウイスキーをなんとか残したいと、ベンチャーズウイスキーの創業者・肥土伊知郎氏は奮闘…

しかし、2000年、民事再生法によってキング酒造へ営業権が一旦譲渡されるも、しばらくしてウイスキー事業から撤退

結局、買い手も見つからないまま、羽生蒸留所は閉鎖することになってしまいました。

閉鎖された羽生蒸留所で造られた原酒の行方は?

ただ、折角造り上げたウイスキーの原酒なのに、無駄に捨ててしまうのはあまりにももったいないと、孫の肥土伊知郎氏がさらに奮闘…。

結果、肥土伊知郎氏が起業したベンチャーウイスキーが、樽で熟成された原酒だけを引き取り、秩父で蒸留所を設立して再建…

祖父から孫へとバトンが引き継がれ、イチローズモルトとして生まれ変わったのです。

そして、羽生蒸留所で造られた最後の熟成樽を使って新たに造られた最後のウイスキーが、イチローズ・モルト15年ファイナルビンテージ・オブ・羽生

要は、すでに閉鎖されてしまった羽生蒸留所最後のビンテージウイスキーのことを、ファイナルとして位置づけているというわけ。

希少価値も高く、味・香りも希少

従来ウイスキーは、熟成年数が古くなるごとに、その味わいが濃厚も強くなる傾向が伺えます。

もちろん、サントリー響のように、熟成年数が古くとも飲みやすいビンテージウイスキーは多数ありますが、ノンビンテージと比較するとやはり重さは違います。

では、イチローズ・モルト15年ファイナルビンテージ・オブ・羽生は、重く濃厚な味わいだというのでしょうか?

他のウイスキーに無い、癖の少ない香り・味わいが魅力的…

実際にその風味・味わいを調べてみると、決して重さを感じること無く、20代の若者でも十分飲める、口当たりの良い軽やかなウイスキーと判明。

もちろん、ウイスキーである以上、スモーキーフレーバーはほのかに感じますが、基本みずみずしいフルーツを味わうかのように、フレッシュさが際立っています。

それでいてほのかに甘く、時にスモーキーといった、香り・味わいは、ウイスキーの中では珍しい部類とも言われ、なんとも希少性を感じますね。

歴史と希少性の両輪が実現させた買取価格

さて、気になる買取価格ですが、70000円~90000円が相場と言われています。

15年ものというビンテージに併せて、羽生蒸留所最後の原酒という希少性が、このボトルの価値を一気に高めていることが、十二分に伺えますよね。

『イチローズモルト15年ファイナルビンテージ・オブ・羽生を手に入れるなら、10万円近く出費してもかまわない』という、コアなファンの想いが反映。

そのような意味が、この買取価格を生み出しているのでしょう。

スポンサーリンク

イチローズモルトの買取価格が高騰する理由

イチローズモルトは、それこそ、ブランドモデルによって、極端に高騰している様子が伺える銘柄のウイスキーです。

では、何故、極端に高騰するブランドモデルが存在するのでしょうか?

その理由3つご紹介します。

理由1:コレクター心理をくすぐるブランドであるから

イチローズモルトには、カードシリーズのように、いくつかの種類のモデルを集めてその価値を高めるボトルが多数存在しています。

そのコレクターの心をくすぐるラインナップが、イチローズモルトの魅力の一つでもあり、買取市場でも価値を高めている要因の一つ。

本記事では、一つ一つに分けた単体価格でご紹介していますが、もしかしたら、いくつか種類が揃っていることで、さらに、買取価格が上がる可能性も…

そんな夢のあるウイスキーなので、買取を検討されている方は、一度、査定に出して観ることをおすすめします。

理由2:歴史から感じる希少性の高さ

イチローズモルトは、先程も少しお話ししたように、一度、経営不振で、終焉しかけたブランドモデルです。

幸いにもベンチャーズウイスキーが跡を継ぐかたちで再建はしていますが、以前使用していた羽生蒸留所はすでに閉鎖

そのため、羽生蒸留所の原酒と掛け合わせ誕生したイチローズモルトは、非常に希少性が高く、多くのファンの間で需要が高まっています。

この希少性の高さイチローズモルトの歴史が、買取価格高騰の大きな要因の一つと言えますね。

理由3:世界でも認められたジャパニーズウイスキーだから

イチローズモルトは、サントリーやニッカウヰスキーのように、ウイスキーを知らない人でも知るブランドというわけではありません。

ただ、イギリスの権威あるウイスキーマガジンにて、ゴールドアワー賞を受賞したことがあり、世界でも非常に評価されています。

コアなファンほど、イチローズモルトを認知し、高く評価しているからこそ、需要も発生。

権威ある雑誌で取り上げられ大賞を受賞したそのが、イチローズモルトの買取価格が高騰する3つめの理由です。

イチローズモルトは、収集家がこよなく愛するウイスキーブランド

以上3つの理由から、イチローズモルトは買取価格を高騰させています。

イチローズモルトは世界が認めたウイスキーブランドであると同時に、コレクター(収集家)がこよなく愛しているウイスキーブランド。

しかも、一度閉鎖しかけている歴史も抱えているために、希少性も生まれ、より高騰している現状がそこにあるわけです。

買取査定に出す際には、その歴史希少性をしっかり把握し、イチローズモルトの買取価格が高騰していると理解した上で、査定に出しましょう。

思わぬお宝に巡り会えるイチローズモルトの買取

以上、イチローズモルトのおすすめ買取業者3選です。

冒頭からお話ししている通り、イチローズモルトは、ジャパニーズウイスキーの一つであることに加え、希少性の高いモデルが非常に多いウイスキーです。

しかも、カードシリーズのように、いくつも揃って本当の真価を発揮するタイプのボトルも多く、コレクターの心をくすぐる価値の高いモデルが実に多いです。

だからこそ買取市場でも、結構、価格が高騰しやすく、思わぬお宝が存在するケースも…

それだけに、本記事の情報も参考にしながら、ぜひ、イチローズモルトを処分するときに、賢く買取を利用してくださいね。

お酒
スポンサーリンク
urisaki

コメント

タイトルとURLをコピーしました