ザ・グレンリベットの買取!正しく買取する業者&買取相場

お酒

『ザ・グレンリベット』の買取の情報をまとめました。

スコットランド・スペイサイドで誕生したウイスキー『ザ・グレンリベット』

スコットランドでは、スペイサイドモルトの一つとも称され、実に有名な『ザ・グレンリベット』ですが、ウイスキーに無頓着な人は、案外知らないようです。

では、具体的に『ザ・グレンリベット』とはどんなウイスキーなのでしょうか。

また、買取相場や、高価買取対応してくれる優良買取店も気になりますので、おすすめの買取店3選を併せて、本記事でご紹介していきます。

スポンサーリンク

ザ・グレンリベットの買取相場

スペイサイドで育まれたスコッチウイスキーは、中でも華やかな香り・味わいが特徴的で、ウイスキーが苦手な人でも飲みやすいと言われています。

そんな人気の高いスコッチウイスキーの一つである『ザ・グレンリベット』ですが、当然、いくつかモデル(ビンテージも含めて…)が存在します。

では、具体的にどれだけのモデルがあるのか、また買取相場はいくらなのか、併せてご紹介していきますね。

ザ・グレンリベット12年の買取相場:500円~600円


出展:アマゾン

『ザ・グレンリベット』のスタンダードと称され、人気の高い『ザ・グレンリベット12年』

緑色のボトルにボトリングされたその外見は、スコッチウイスキーの中では、少し独特で実にユニーク!

、バーボン樽で12年熟成させた原酒を用いてヴァッティングされている割には、穀物の風味があまり感じられないという特徴も併せ持っています。

ザ・グレンリベット12年の香り・味わい

香り・味わいは、最初はバニラオレンジのような甘み・酸味が感じられながら、後からシトラスのような爽やかさ。そんな風味を持っているだけに、これまでのバーボン樽の原酒を掛け合わせたウイスキーの概念を覆してくれる1本と言えますね。

個性的でも買取価格はほぼ付かず…

さて、気になる買取価格ですが、500円~600円と超激安!

海外ブランドのウイスキーでありながら、それでいて比較的若い原酒が使われているウイスキーなので、価値はほとんど付きません。

ただ、断捨離・遺品整理などで処分を考えているなら、わずかでも買取価格が付く今、買取に出した方が無難と考えるべきでしょうね。

ザ・グレンリベット15年 フレンチオーク・リザーブの買取相場:1000円~1500円


出展:アマゾン

通常ウイスキーは、樽で熟成させた原酒を掛け合わせたり、そのままボトリングしたりしながら手がけられることが多い。

しかし、ザ・グレンリベット15年 フレンチオーク・リザーブは多少手法が異なります。

バーボン樽(アメリカンオーク)・シェリー樽(ヨーロピアンオーク)の原酒をフレンチ・オーク(リムーザン・オーク)の新樽に詰め込み造り上げます。

この一手間が、様々な味わいの融合をもたらし、立体感のあるウイスキーとして人気を集めています。

香り・味わいは一度飲んだら癖になる…

単純にフルーティーな風味だけでなく、ドライフルーツやカカオのような香ばしさ・スパイシーさ・甘さなど複雑に絡み合い、一度飲んだらになる…

そんな、コアなファンを魅了してくれる一本と言えますね。

希少性・魅力は認めらるも、買取価格はそれなり…

さて、気になる買取価格ですが、1000円~1500円が相場と言われています。

ザ・グレンリベット12年の約2倍~3倍の価格で買取りされていると考えると、その希少性・魅力が認められていると分かりますが、それでも買取価格は低い…

まぁ、海外ブランドである以上、ある種、処分できるだけマシt考えた方が良いのかもしれませんね。

ザ・グレンリベット18年の買取相場:1500円~2500円


出展:アマゾン

バーボン樽やシェリー樽で18年以上熟成させた原酒を掛け合わせて造られたヴァッティングウイスキー『ザ・グレンリベット18年』

18年の熟成が、ウイスキー本体の濃厚さを生み、フルーティーで爽やかながらも、ビターな香りがほのかに漂う、ウイスキーの醍醐味が味わえる一本。

響30年のように深くて大人のウイスキーとまではいかないまでも、これぞウイスキーという醍醐味は十分味わえます。

ストレート・ロックでも十分楽しめ、20代の若者たちには非常におすすめですね。

人気も高く、買取価格はそれなりに高騰…

さて、気になる買取価格ですが、1500円~2500円が相場と言われています。

単純に海外ブランドのウイスキーでビンテージが付いているだけなので、なかなか極端に価格が高騰するということはありません。

ただ、ほとんど価値の付かないザ・グレンリベット12年と比較すると、それなりに価格も高騰していますし、処分という意味なら問題ないのかも…

まぁ、処分した上で、少しでも臨時収入出来るなら御の字と考えた方が良いかもしれませんね。

ザ・グレンリベット アーカイブ21年の買取相場:300円~9000円


出展:アマゾン

アメリカンオークヨーロピアンオーク、それぞれの樽で21年熟成させた原酒のみを掛け合わせて造られたウイスキー『ザ・グレンリベットアーカイブ21年』

アーカイブ21年は、旧ラベルとして販売されたビンテージモデルで、それなりに希少価値も高く人気を集めています。

フルーティーな中にジンジャーの刺激も加わった風味が特徴的

香り・味わいは、口に含むとドライフルーツの甘さ・酸味の中に、ジンジャーのようなピリッとするスパイシーさがほのかに追いかけてくる印象を受けます。

それでいて、全体的には上品でエレガントな装いを持ち、少し大人へ背伸びしたい若者に非常におすすめしたい香り・味わいといえますね。

慎重な買取店選びが求められる買取価格相場

さて、気になる買取価格ですが、300円~9000円が買取相場と言われています。

21年ものの原酒がキーモルトになっているのに、300円で買取なんてひどい話ですよね。

ただ、これにも理由が存在し、300円で買取っている大半は、ザ・グレンリベットの価値を知らない、大手リサイクルショップなんです。

大手リサイクルショップでは、最悪、アルバイトに買取査定させているところもあり、お酒の価値で買取していないところもあります。そのため、300円という低価格での買取になってしまうのです。

つまり、買取店選びを間違えなければ、最大9000円の買取が期待できるというわけ。

ザ・グレンリベット25年の買取相場:13000円~20000円


出展:アマゾン

ザ・グレンリベット25年は、ヨーロピアンオークで25年以上熟成させた原酒を軸に造られた、他と少し異なるビンテージモデル。

どこが違うかというと、25年に関しては、バーボン樽(ホワイトオーク)の原酒は一切使われていません。熟成度の高さ以上に、上品な甘みが口全体に広がる独特の個性が体感できる一本とも言えます。

山崎30年のように、濃厚な味わいを体感しながら、その中に、ほのかにスパイシーウッディーな香りも楽しめる。そんな極上のウイスキーに仕上がっているので、ぜひ、一度その香り・味わいを体感してほしいですね。

買取価格も一気に高騰!

さて、気になる買取価格ですが、13000円~20000円が相場と言われています。

さすがに、25年ものとなると、いくら海外ブランドといえど、それなりに買取価格は高騰していますね。

必要としないザ・グレンリベット25年を、最大20000円で買取ってもらえるなら、ちょっとした臨時収入としても非常にお得ですよね。

処分に困りながら捨ててしまうのは非常にもったいない話ですし、まずは買取に査定に出して、納得出来たら買取ってもらうことをおすすめします。

ザ・グレンリベットセラーコレクションの買取相場:15万円~16万円


出展:アマゾン

蒸留所の最高責任者(マスターディスティラーズ)が監修し、数量限定で出荷された希少性の高いビンテージモデル『ザ・グレンリベットセラーコレクション』

なんと、世界中で入手を望むファンがたくさんいるらしく、出荷と同時に即時完売するとまで言われた幻の1本!

みずみずしいオレンジ、ピリッと香るジンジャー、なめらかな口当たりを感じさせる甘さとそれぞれの香り・味わいがバランス良く整っている…

それでいて、どれも妥協すること無く、うまく融合したエレガントで極上の一杯に仕上がった超希少ウイスキー

そのことを、ザ・グレンリベットセラーコレクションは強く感じさせてくれるだけに、万が一飲むチャンスがあれば、ぜひ味わってほしいですね。

超希少だからこその買取価格!

さて、気になる買取価格ですが、15万円~16万円へと一気に跳ね上がります。

単純に、ビンテージやこだわりがあるというだけでなく、世界で入手困難となるほど希少性が高いために、この価格での買取られることが多いです。

もしかしたら、自宅に眠っているザ・グレンリベットが、セラーコレクションかもしれませんし、ぜひ、一度買取査定で確認してみましょう。

ザ・グレンリベット マスターディスティラーズリザーブの買取相場


出展:アマゾン

蒸留所の最高責任者(マスターディスティラーズ)が監修した特別のビンテージモデルは、セラーコレクションだけではありません。

実は、ザ・グレンリベットマスターディステラーズリザーブもその一つ。

マスターディスティラーズが、厳選に厳選を重ねた原酒を用いて造っているので、香り・味わい共に極上。

特にマスターディスティラーズリザーブは、シェリー樽を基軸に原酒を厳選して造られているので、よりフルーティーでまろやかな味わいが特徴的です。

コンセプトが違うから個性的でも買取価格は安い?

さて、気になる買取価格ですが、5000円~8000円が相場と言われています。

厳選された一本であることには違いないのですが、セラーコレクションと異なり、マスターディスティラーズリザーブは、免税店用に造られたブランドモデルです。

そのため、意外と買取価格は伸びず、最大でも8000円で買取られるケースが多いのです。

とはいえ、8000円の価格が付けば、それなりに良い買取にはなりますよね。

自宅で眠らせておくだけではもったいないので、ぜひ、一度買取に出して観ましょうね。

ザ・グレンリベット ファウンダーズ リザーブの買取相場:1500円~1700円

出展:アマゾン

ウイスキーを熟成させるは、通常、何度も繰り返し使われ、そのたびに、幾重にも広がる香り・味わいが染みついていくと言われています。

しかり、ザ・グレンリベットファンザーズリザーブは、初めて熟成させるアメリカンオークで造られたバーボン樽の原酒が用いられています。

初めての樽で熟成された味わいとは?

この初めての原酒が、バニラを彷彿する甘さを生み、ひと味違ったグレンリベットを醸し出していると言われているのです。

味わいそのものはクラシカル(フルーティーでかつスパイシー)な味わいですが、そこにほどよい甘さが加わり、心がうっとりする味わいが特徴的。

ひと味違った楽しみを味わえるからこそ、人気も非常に高いウイスキーです。

意外と買取価格は高くない…

さて、気になる買取価格ですが、1500円~1700円が相場と言われています。

正直なところ、個性は感じるものの、市場価値が決して高いわけではなく、最悪50円で買取る業者もあるほど…

もちろん、50円というのはあまりにも低すぎますが、期待しても1700円までと考えた方が無難です。

あくまで、処分という観点で考えた上で、買取に出しましょう。

ザ・グレンリベット コードの買取相場:10000円~25000円


出展:アマゾン

ザ・グレンリベットには、とされるブランドモデルも存在します。

その一つに挙げられるのが、ザ・グレンリベットコードという謎のウイスキー。

何が謎かというと、香り味はもちろんのこと、どの樽で造られたか、一切非公開とされている点が、まさに謎とされています。

味・香りを一切非公開とする理由

なぜ、このような謎的なウイスキーを出荷しているかというと、あくまで、『ウイスキーそのものの味わいを推察しながら楽しんで飲んでもいたいため』

グレンリベットの謎を解きながら、ウイスキーを楽しむという、また趣向の違った一本と言えますね。

買取価格も非公開のところが多い…

さて、気になる買取価格ですが、残念ながら、買取相場額をズバリ公表している買取店はありませんでした。

ただ、オークションでは、25000円で販売しているところもあり、もしかしたら、ほぼ半値の1万円~25000円での買取も可能性としてはあるかもしれません。

コードに関しては、よほど知識が無ければ、まず買取してもらえない可能性が高いだけに、買取店の質の高さを測る基準にしてみても良いでしょう。

少なくとも数百円の価値しかないというのは、あり得ないと言われているモデルだけに、綿密に買取査定してくれるところで、買取ってもらいましょうね。

ザ・グレンリベットナデューラ シリーズの買取相場:4000円~6000円

ザ・グレンリベットナデューラシリーズは、グレンリベットが掲げている自然感満載のウイスキー。

シリーズというだけあって、いくつか種類が存在しますが、いずれにしても自然そのままの味を大切に、加水しない(カスクトレングス)でボトリング。

なので、アルコール度数も60度を超えるものが多く、結構酔いやすいウイスキーとして有名です。

ザ・グレンリベット ナデューラ オロロソの買取相場:4000円~6000円

出展:アマゾン

ザ・グレンリベット ナデューラ オロロソは、ノンエイジながら、オロロソシェリー樽という、小さな樽で作られた、アルコール度数の高いナデューラウイスキー。

オロロソシェリー樽で造られたウイスキーであるため、フルーティーなのはもちろんのこと、コリスやシナモンのようなスパイシーな味わいも楽しめます。

コアなファンも多く、買取価格も適度に高騰!

気になる買取価格ですが、だいた4000円~6000円が相場と言われています。

アルコール度数は高いものの、自然なウイスキーの味わいが楽しめるとあって、それなりに人気が高い品種なので、買取価格としては妥当なラインでしょう。

極端に価格が高騰しているわけではありませんが、もし自宅にあるなら、いとど買取に出してみるのもおすすめですよ。

ザ・グレンリベット ナデューラ ピーティッドの買取相場4000円~6000円


出展:アマゾン

オロロソとは全く異なり、自然ながらもスコッチウイスキー本来のピート感を楽しむためのブランドモデルが、『ザ・グレンリベット ナデューラ ピーティッド』

自然とはいえ、非常にが強く、アルコール度数(約60度)の高さも伴い、飲む人を選ぶ一本とも言われています。

まさに着色なし大人のウイスキーを楽しみたい人向けと言うべきですね。

買取価格は、ナデューラオロロソと同額

さて、気になる買取価格ですが、ナデューラオロロソと同じく4000円~6000円が相場と言われています。

やはり、コアなファン向けといったいった印象の強いブランドモデルなので、極端な価格の高騰は望めません。

それでも、最大6000円で買取ってくれるところもあるので、複数の買取店で買取査定をしてもらい、納得のいくところに買取ってもらいましょうね。

ザ・グレンリベット50年の買取相場:300万円~500万円

日本では一切流通しておらず、海外でも『ウィンチェスターコレクション ヴィンテージ 1966』100本限定として出荷された幻の一本!

そんな希少性を持っているウイスキーが、この、ザ・グレンリベット50年です。

言葉で表せないほど至極な味・香り…

その味・香りは、簡単に言葉で表現出来ないほど濃厚で、フルーティーかつなめらかな口溶け・味わいは、まさに至極の一時を感じさせてくれます。

当然、買取価格も一気に跳ね上がり、300万円が相場と言われ、ザ・グレンリベットの中で、最高級の買取価格で取引されています。

そもそも国内でわずかしか出荷されていないだけに、まだまだ価格が高騰する可能性は高く、とんでもないお宝品に化ける可能性も…

希少価値の高いブランドモデルは確実に高騰している!

以上が、ザ・グレンリベットの各ブランドモデルの魅力買取相場です。

買取相場だけを見ていくと、どんなに人気があっても全く価値が高まっていないものから、極端に希少性を高め、買取価格が跳ね上がっているモデルまで様々…

ただ、一つ言えることは、特に海外ブランドのウイスキーだけあって、希少性の高さが、もろに買取価格に影響していることだけは事実。

コアなファンの心をくすぐる希少性の高いモデルだからこそ、買取市場でもその価値を高めているわけです。

ぜひ、買取に出す際には、そのことも頭の片隅に入れながら、間違いのない査定を受けて買取って貰いましょうね。

スポンサーリンク

ザ・グレンリベットの買取価格が高騰する理由

さて、ここまでご紹介しても分かっていただけたと思いますが、ザ・グレンリベットの一部のブランドモデルは、かなり買取価格が高騰しています。

では、何故、海外ブランドのウイスキーであるにも関わらず、極端に買取価格が高騰しているモデルがあるのでしょうか。

早速、その理由3つご紹介していきますね。

理由1:アメリカでも流通し需要が高いから

実は、ザ・グレンリベットは、スコットランドや日本だけでなく、アメリカでも流通し、非常に需要が高いと言われるスコッチウイスキーなんです。

需要そのものが高ければ、当然、買取市場で価格も高騰しますよね。

もちろん、ジャパニーズウイスキーのように、極端に価格が上がるというわけではありませんが、需要の高い順にそれなりに高騰しているのは事実。

人気そのものは非常に高いですし、将来、さらに高騰する可能性もあるので、ぜひ、今後の動向に期待しましょう。

理由2:知名度・需要度の高さ

ザ・グレンリベットは、冒頭でもお話ししたとおり、スコッチウイスキーの代表的銘柄の一つとして知られています。

それは、マッカランと同じくらいの知名度の高さで、コアなファンからは非常に人気を博していることでも有名。

もちろん需要度も高く、買取市場でも、その価値は高く見られています。

もちろん、日本国内では、ジャパニーズウイスキーが圧倒的人気を誇っていますが、ザ・グレンリベットも十分価値は高く、買取価格が高騰しているのは事実。

海外ブランドだからといって、そのまま自宅で眠らせること無く、まずは、買取査定に出してみましょう。

理由3:希少性の高いボトルを販売しているから

先程ご紹介した『ザ・グレンリベットコード』のように、ザ・グレンリベットの中には、全く情報開示していない謎めいたボトルも出荷されています。

広く普及された王道ボトルよりも、ミステリアス個性的かつ希少性の高いレアなボトルの方が、当然需要は付きやすいです。

ザ・グレンリベットには、そのようなボトルが存在しているからこそ、一部のモデルは、極端に買取価格が高騰しているのです。

お宝ボトルも存在しているからこそ買取査定は非常に重要!

以上が、ザ・グレンリベットの買取価格が高騰する主な3つの理由です。

何度も言いますが、ザ・グレンリベットの一部のモデルに関しては、二度と巡り会えない可能性の高いボトルも存在します。

そういうブランドモデルの買取価格が極端に高いというのが、ある意味、当然の話ですよね。

もしかしたら、自宅で眠っているザ・グレンリベットが、とんでもないお宝品に化けるかもしれませんので、ぜひ一度、買取査定して貰いましょう。

大事なザ・グレンリベットだから、親身に相談に乗ってくれる買取店がおすすめ!

以上、ザ・グレンリベットの魅力・買取相場、買取価格の高騰理由、おすすめ買取店3選のご紹介です。

ザ・グレンリベットは、スコッチウイスキーの中では非常に有名で、コアなファンならほとんどが知っているブランドモデル。

ただ、お酒に疎い人は知らない人も多く、買取となると不安な部分も非常に多いもの…

だからこそ、本記事で、魅力・買取相場買取価格の高騰理由おすすめの買取店をご紹介させていただきました。

買取店のいずれも、安心して買取に出せる業者ばかりを選出しているので、ぜひ参考に、一度、ザ・グレンリベットの買取の相談をしてみてくださいね。

お酒
スポンサーリンク
urisaki

コメント

タイトルとURLをコピーしました