アードベッグの買取!おすすめ買取業者3選&相場・高騰理由まで

お酒

スコットランド・アイラ島で育まれ、実に個性的なスコッチウイスキーとして愛されたウイスキー『アードベッグ』

ウイスキーファンの間では超有名な銘柄ですが、ウイスキーが苦手な人は、その名を知らないなんてことも多く、買取で不利に働く場合も多々あります。

いくら、自宅で眠っているアードベッグを買取に出して処分出来るとしても、安く買いたたかれるのは実に悲しい話ですよね。

そこで、本記事では、アードベッグの各モデル(ボトル)の魅力買取相場買取価格が高騰する理由をまとめてご紹介します。

ぜひ、買取の際の参考としてくださいね。

アードベッグの買取相場

強烈な個性を放つ、スコッチウイスキーブランド『アードベッグ 』ですが、当然、たくさんのモデル(ボトルの種類)が存在します。

では、改めて各モデルの魅力買取相場をご紹介していきますね。

アードベッグ10年の買取相場:1500円~2000円


出展:アマゾン

アードベッグと言えば、やはり独特のスモーキーフレーバーが印象的な癖の強いウイスキーですよね。

アードベッグ10年は、比較的若いブランドモデルであるため、よりとげとげしさを感じ、が強く、コアなファン向けのブランドモデルとして人気も高いです。

もちろん、ただとげとげしさ若々しさを感じるだけでなく、その中に含まれるフルーティーで爽やかな香り・味わいは一時の安らぎさえも与えてくれます。

ちょっとたとえが変だと思いますが、この、アードベッグ10年を愛するファンを見ていると、ある意味ツンデレな女性に魅了された男性を想像してしまう…

思わず、そんな風に感じることも出来る、個性的なブランドモデルです。

若いモデル(ボトル)だけに買取価格は低い…

さて、気になる買取価格ですが、それほど高騰しているわけではなく、1000円~1500円が相場と言われています。

アードベッグのスタンダードなモデルのため極端に高騰する可能性は低い。最初に飲むにならまず10年からと言われているので、一度機会があれば、その味を体感してみてください。

アードベッグ キルダルトン 旧の買取相場:9万円~11万円

アードベッグキンダルトン旧は、アイラ島で育まれたスコッチウイスキー『アードベッグ』にしては珍しく、ピート感が少ないタイプのウイスキー。

かなりクリアで透明感が高く、ある意味、白州ウイスキーのような透き通った飲みやすさが、一つの特徴といえます。

ただ、重要なのは味わい・香り以上に、その希少性歴史にあります。

キルダルトン 旧は、アードベッグ操業停止前のモデル

実は、アードベッグは、1981年に一度操業停止に追い込まれた過去があります。

現在は再建していますが、アードベッグキルダルトン旧は、その1年前に誕生した1300本限定のウイスキーなのです。

ちなみに、ピート感が強い現行のキルダルトンは、2014年に出荷されていますが、当然、旧モデルとの価値観はまるで違い、買取価格もわずか10000円

旧ボトルだからこそ買取価格は高い!

アードベッグキルダルトン旧の買取価格ですが、なんと9万円~11万円が相場。世界に1300本しかないのです。

多くの買取店では約10万円で買取していますが、中には約11万円とちょっと色をつけて買取りする業者もあるくらい、非常に人気の高いブランドモデルです。

新ボトルは、それほどお宝感はありませんが、旧ボトルとなると10倍以上のお宝に化ける可能性があるので、ぜひ、一度買取査定に出してみてくださいね。

アードベッグ プロヴナンス 1974の買取相場:12万円~15万円

スコットランド人が心から愛し尊敬する憧れのウイスキーがアードベッグプロヴナンス 1974

アードベッグプロヴナンス 1974は、バーボン樽で23年熟成された原酒を用いて、1997年限定品として出荷された幻のウイスキー。

香り・味わいはロックで飲むと変化…

なめし革・スモーキーフレーバーが特徴的なアイラ島最高級のブランドモデルと称されていますが、ロックで飲むと、フルーティー感が顔を出し、表情は豊か。

ストレートで飲んでスモーキーな香りを楽しんでも良し、ロックでフルーティーな甘さ口溶けを楽しむも良し、まさにいろんな楽しみ方が味わえます。

いろんな用途に合わせながらも、個性はしっかり持っているウイスキーだからこそ、多くのウイスキーファンが愛しているわけです。

買取価格は一気に10万円台に…

気になる買取価格は、12万円~15万円が相場と言われています。

そもそも23年の熟成が楽しめるごく上品ですし、出荷数そのものが少なく希少性も高いので、この価格の高騰は妥当。日本では品薄のためかなり高額の査定がされます。

アードベッグ ロードオブ・ジ・アイルズの買取相場:10万円~12万円

アードベッグロードオブ・ジ・アイルズは、アイラ島の王様という称号を意味するネーミングのウイスキーとも言われ、多くのファンから愛されています。

それもそのはず、25年熟成された原酒のみを使ってブレンドされた究極のスコッチウイスキーで、ピート感が、鼻腔だけでなく脳まで刺激するという話も…

もちろん、物理的に脳を刺激するのは非常に危険な話で、一つのたとえに過ぎませんが、それくらい刺激的で癖になる味・香りであることは事実。25年の熟成が、コクの深みを演出し、実に奥深いビンテージモデルと言われています。

アイラ島の王様という称号にふさわしい超高価買取価格!

さて、気になる買取価格ですが、10万円~12万円が相場と言われています。

高級感での勝負なら、アードベッグ プロヴナンス 1974と良い勝負といえるほど、買取価格もかなり飛び抜けていますね。

間違いなく、買取に出したらお宝品として取り扱われるので、もし自宅で眠らせている人は、値崩れする前に、買取に出してしまいましょう。

アードベッグ 30年 ファイネストの買取相場:15万円~17万円

アードベッグ プロヴナンス 1974や、アードベッグ ロードオブ・ジ・アイルズもかなり高額で買取りされるブランドモデルとして人気です。

しかし、それ以上に人気が高く希少性を持っているアードベッグのブランドモデルと言えば、やはり『アードベッグ30年ファイネスト』ではないでしょうか。すでに販売終了していて、初期出荷数を含めて1200本しか出荷されていない超極上品!

とにかく、アードベッグ 30年 ファイネストは、アイラ島で育まれたスコッチウイスキーの特性を大きく持った個性的なブランドモデル。

アイラ独特のスモーキー(ピート感)が強く、とげとげしさというか若々しさが全面に押し出すような、30年熟成にしては少し違った味わいが体感できます。

アードベッグ 30年 ファイネストは、加水の量と共に、徐々に角が取れてまろやかで円熟した味わいが楽しめる奥深さを持っています。まるで、人生そのものを味わうかのごとく、ゆっくり時間をかけて、ストレート・ロックで楽しむのが非常におすすめ。

アードベッグの中でも超高額の買取価格!

さて、気になる、アードベッグ30年ファイネストの買取価格ですが、15万円~17万円が相場と言われています。

まぁ、アードベッグ プロヴナンス 1974や、アードベッグ ロードオブ・ジ・アイルズと比較したら、その額は微差に見えてしまいます。

アードベッグ コリーヴレッカンの買取相場:


出展:アマゾン

非常にが強く好き嫌いがはっきり別れてしまうスコッチウイスキーの1種『アードベッグ』

その中でも、最も癖・パンチ力が強く、さらに飲む人を選ぶと言われているブランドモデルが、このコリーヴレッカンです。

香り・味わいが、口の中で暴れまくる…

とてつもなくスモーキーでスパイシーな味わい・香りは、口の中で暴れまくり、いろんな意味で衝撃を与えてくれます。強いインパクトが特徴的な香り・味わいを持つブランドモデルが、アードベッグコリーヴレッカン

それだけに、間違いなく第一印象で好き嫌いがはっきり別れるはずですよ。

好き嫌い別れやすいモデルだからこそ買取価格は低い…

さて、気になる買取価格ですが、大体4000円~5000円が相場と言われています。

確かにパンチ力があり、個性の強いブランドモデルのウイスキーですが、好き嫌い別れやすく、それでいて荒々しい分、買取価格に反映されにくいです。

そのため、4000円~5000円は妥当な価格といえるでしょうね。

アードベッグダーク・コーヴの買取相場:33000円~36000円

実は、アードベッグには、毎年世界中からアードベッグを飲んで楽しむ、アードベッグデーというイベントが存在します。

その中で、イベントと共に限定品として、アードベッグの新商品が出荷(ある意味ヴォジョレヌーボーのようなもの)されているのです。

その中の一つとして、2016年に出荷されたブランドモデルが、アードベッグダークコーヴ

限定品故に買取価格も若干高額

さて、気になる買取価格ですが、限定品なので希少価値も伴い、33000円~36000円が相場と言われています。

限定品という希少性や癖の強い味わい・香りが、コアなファンにウケているからこそ、33000円~36000円という高額に価格が跳ね上がるのでしょうね。

一般人のアードベッグダークコーヴファンの人が、ブログを立ち上げて紹介している位ですから、好きな人は本当に大好きなブランドモデルです。

まだまだ需要も高まっていくでしょうし、もし必要が無いというのであれば、買取に出して、次に求める人に受け継がせてあげてください。

アードベッグ アン・オーの買取相場8000円~10000円


出展:アマゾン

繰り返しになりますがアードベッグは、かなり癖の強いとげとげしいウイスキーです。しかし、アン・オーというモデルは、アードベッグの中でも、角が取れたまろやかな印象を受けるウイスキー。

もちろんスモーキーフレーバーはしっかり残っていますが、そこにほどよい甘さが加わり、非常にまろやかで飲みやすい一本に仕上がっています。

飲みやすく人気は高いが、買取価格は最大10000円

さて、そんなアードベッグアン・オーの買取価格ですが、大体8000円~10000円が買取相場と言われています。

アードベッグアン・オーは、角が取れた飲みやすい仕上がりとなっているモデルなので、コアなファン向けとは言いがたい部分があります。

ある意味、万人受けしやすいブランドモデルなのですが、その分、コアなファンからの需要は低く、若干買取価格が低いのもその影響かもしれません。

超プレミアか価値のあるブランドモデルもあるアードベッグ

アイラ島が育んだ人気スコッチウイスキーブランド・アードベッグ

正直、かなり個性が強いウイスキーなので、好き嫌いが別れやすく、買取価格にも支障を来すのではと思いがちですが、決してそんなことはありません。

アードベッグ 30年 ファイネストのように、超お宝ブランドモデルも存在し、海外ブランドの中では非常に高騰しやすい傾向が伺えます。

もし、自宅で眠っているアードベッグがあるなら、一度買取査定に出してみてください。

意外なところで超お宝品に出会うなんてこともあるかもしれませんよ。

アードベッグの買取価格が高騰する理由

中には超お宝ブランドモデルもあると言われるスコッチウイスキーの1銘柄『アードベッグ』

実際に10万円以上での買取アイテムも存在し、ジャパニーズウイスキーに次いで、かなり高騰している様子が伺えます。

では、何故、アードベッグの買取価格が高騰しているのか、改めて、その3つの理由・要因をご紹介していきます。

理由1:希少性や個性の強さが根強い人気を生んでいるから

アードベッグは、かなり個性が強く、非常に好き嫌いはっきり別れるタイプのウイスキーです。

そのため、極端に高騰するのは一部のモデルに限られますが、個性が強い分、コアなファンから愛され一気に値が上がるケースも非常に高いです。

特に希少性の高い、『アードベッグ 30年 ファイネスト』『アードベッグ プロヴナンス 1974』『アードベッグ ロードオブ・ジ・アイルズ』は激しく高騰…

香り・味わいといった特色がはっきりしているからこそ、希少性の高いモデルに、多くのファンが魅了されています。

そして、その傾向がそのまま買取価格高騰につながっているのです。

理由2:独特のピート感がアイラ島を彷彿しているから

アードベッグの全てのモデルに適しているわけではありませんが、その多くのモデルは、アイラ島独特のピート感(スモーキーフレーバー)が印象に残ります。

それは、アイラ島で育まれたスコッチウイスキーの大きな特徴の一つで、ある種の歴史すら感じさせるといって過言では無いでしょう。

アイラ島=ピート感という印象が、歴史(クラシック)を印象付かせ、多くのファンから愛されているため、アードベッグの買取価格は高騰しやすいのです。

理由3:癖の強さがなれてくると病みつきになってしまうから…

『たばこが止められない』『お酒が止められない』など、世の中には一種の依存症(または中毒症)に陥っている人がいますよね。

それが、健康に害をなさないものであれば、とやかく言われる必要はありませんが、時に健康に害をなすものであるために、社会でも問題視されています。

さて、この依存性・中毒性は、アードベッグと何ら関係の無い話と思いがちですが、実はまんざら全くの無関係というわけではありません。

実は、少し大げさに言うと、アードベッグは非常に癖が強いウイスキーであるため、その香り・味わいに慣れて好きになると、一気にはまってしまうのです。

それは、ある種の中毒性と言うことも出来、もう手放せなくなってしまうなんて人もちらほら…

もちろん、飲み過ぎなければ、依存しても問題は全くありませんが、癖になって病みつきになるような一面を持っているのも事実…

そのはまりやすい特性が、アードベッグの需要を高め、買取価格の高騰を招いているのです。

個性が強いからこそ生まれる希少性・需要が、買取価格高騰の要因!

以上の3つの理由が、アードベッグ買取価格が高騰する主な理由・要因です。

人は、オンリーワンという個性に弱く、何かと魅了される傾向を持っています。

特にアードベッグのような個性の強いウイスキーに対して、コアなファンが付きやすい傾向があり、希少性も伴って需要が高まりやすい…

だからこそ、買取価格が高騰していくのです。

希少性が無く、ただ個性的と言うだけでは、なかなか買取価格も上がりませんが、癖が強くかつ希少性が高いものほど買取価格は高騰しやすいです。

どんな状態のアードベッグでも、しっかり買取査定して貰うのがおすすめ!

以上が、アードベッグおすすめ買取店3選です。

アードベッグは、ウイスキー通には有名ですが、買取店のスタッフでも、大手リサイクルショップのアルバイトなど、あまり知られていないケースもあります。

そのため、折角のお宝モデルを所持していても、買取の際に安く買いたたかれてしまうなんてことも十分考えられます。

本記事では、そんな結末を迎えないように、各ブランドモデル(ボトル)の魅力・買取相場、3つの買取価格高騰理由、おすすめ買取業者3選をご紹介しました。

いずれも、安心してアードベッグを買取って貰うために必要な情報なので、ぜひ、参考としてみてくださいね。

コメント

コメ兵
>>無料LINE査定はこちら
タイトルとURLをコピーしました