レミーマルタンの買取!売る前に知りたいポイント付き

お酒

レミーマルタンの買取情報をまとめました。

各ボトルの魅力・買取相場や、高価買取になる3つの理由をご紹介します。

レミーマルタンの買取相場

基本的にレミーマルタンは、高級志向のブランデーです。原材料にもこだわりを見せ、高級志向のブランデーブランドとしても評判です。

シンボルマークは『ケンタウロス』。自然と人との調和が最も感じられる癒やしのブランデーで、買取市場でもその価値を高めています。

 V.S.O.P.現行ラベルの買取相場:500円~1000円


引用:アマゾン

レミーマルタンの中でも比較的、お手頃なのが現行ラベルの一つである、V.S.O.P.現行ラベルバニラの甘さヘーゼルナッツの香ばしさなど、口に含んだ途端に、全体に広がる香り・味わいが実に立体的で濃厚です。

買取価格ですが、500円~1,000円が相場。

 V.S.O.P.現行ラベルは、比較的等級も低く、販売価格も結構安いです。

レミーマルタンX.Oの買取相場:8000円~10000円

レミーマルタン V.S.O.P.の次に等級が高いレミーマルタンX.O.は、比較的入手しやすいボトルでありながらも、レミーマルタンの奥深さが体感できる1本。

400種類の原酒を絶妙にブレンドさせ、ブドウが持つフルーティーな香り・味わいが、口に含んだ途端に一気に広がります。ストレートやロックがおすすめですが、爽やかな味わいが特徴的なボトルなので、ハイボールもおすすめ。

新品は15,000円前後の価格で購入できます。

買取価格ですが、8,000円~10,000円が相場。

レミーマルタンエクストラの買取相場:22,000円~24,000円

レミーマルタンの等級( V.S.O.P.やX.Oなど)ボトルの中でも、需要と供給のバランスが崩れていると言われているボトル『レミーマルタンエクストラ』

等級で差別化されているレミーマルタンのボトルの中で、ルイ13世シリーズに並ぶ最高級の等級がつけられています。

香り・味わいは、こだわり抜いたブドウを用いて造られたことが如実に伝わるような、芳醇な香り・味わいが実に特徴的!

ほどよい甘さなめらかな口溶け、どれをとっても最高級を存分に感じさせる香り・味わいで、一度体感してしまうと、間違いなく病みつきとなることでしょう。

入手は簡単ながらも買取価格は高騰…

さて、気になる買取価格ですが、22000円~24000円が相場と言われています。

最高級と言われながらも、ルイ13世や250周年ボトルと比較すると、まだ入手しやすく、この価格で落ち着いています。

ただ、将来的にはどのように価格が変動するか分からず、さらに高騰する可能性も十分あります。

もちろん、その逆も当然ありますので、買取価格の変動も考慮した上で、買取に出すかどうか判断をしてくださいね。

レミーマルタン セントーエクストラグリーンボトル:12000円~14000円

レミーマルタンセントーエクストラグリーンボトルは、基本的に、レミーマルタンエクストラと香り・味わいが似ているボトル。

大きな違いとしては、ボトル名に、レミーマルタンを象徴とするケンタウロスの意味を持つ、『セントー』というワードが含まれているということ。

そして、最大の違いは、このボトルが、グリーンボトル(旧ボトル)であると言うことが決定的な違いです。

つまり、中身はエクストラの少しグレードアップさせた、香り・味わいを持つボトルですが、ボトルデザインそのものが旧ボトルであると考えてください。

旧ボトルでも、一般向けのボトル故の買取価格

当然、旧ボトルなので、希少性は高まり買取価格は若干高くなります。

とはいえ、一般的なボトルではあるので、12000円~14000円が相場。

極端に何十万円と価格が付くわけではないものの、最大14000円で買取ってもらえるので、処分を考えれば大きな臨時集住にはなります。

なので、まずは、買取店で、しっかり買取査定を受けてから買取ってもらうようにしましょう。

 レミーマルタンX.O.エクセレンス:2000円~4000円

引用:アマゾン

平均熟成年数23年、最長37年物という長い期間熟成させた原酒を厳選してブレンドして造られたと言われる高級ブランデー『レミーマルタンX.O.エクセレンス』

その香り・味わいは、長年熟成させた原酒を用いているだけあって、実に芳醇で濃厚。

さらに、甘み・爽やかさなど、様々な香り・味わいが複雑に絡み、優雅な一時を体感させてくれます。

そして、販売価格も12000円からで手に入るとあって、非常に人気も高いボトルです。

何故か買取価格が安い…

さて、気になる買取価格ですが、2000円~4000円が相場と言われています。

本来ならば、X.O.でさえ、最大10000円付くので、もう少し買取価格が高騰していても良いはず…

ただ、同じような価格帯で販売されているX.O.が入手しやすい状況にあるだけに、買取市場では価値が上がりにくく、結果として買取価格が低いのかも…

買取価格は低いが人気・需要は高いボトル

ただ、少なくとも人気の高いボトルであることに変わりありませんし、状況によっては、将来さらなる高騰の可能性も十分秘めています。

また、買取価格が低いとはいえ、最大4000円で買取ってもらえるので、処分を考えている人は、そのまま自宅で眠らせることなく、買取に出してしまいましょう。

レミーマルタンセントークリスタルの買取相場:48000円~60000円

引用:アマゾン

レミーマルタンセントークリスタルは、クリスタルグラスの有名ブランド『バカラ』とコラボされた希少ボトルが特徴に挙げられるブランデー。

限られたブドウ畑から採取されたブドウのみを用いてボトリングされただけあって、フルーティーで、かつ香り・味わいも芳醇で濃厚

単純にバカラとのコラボで価値が高いだけでなく、中のブランデーも最高級品に仕上がっているのは言うまでもありません。

バカラとのコラボで、買取価格が一気に高騰!

さて、そんなレミーマルタンセントークリスタルの買取価格ですが、48000円~60000円が相場と言われています。

やはり、最高級品質のブランデーにバカラのクリスタルグラス(ボトル)がコラボされているだけあって、買取価格は高いです。

レミーマルタンのボトルの中には、数十万円の買取価格を持つボトルもあるので、まだ低い方かもしれませんが、それでもかなり高騰しています。

最大60000円で買取してもらえるわけですし、かなりの臨時収入になることを考えたら、ここは買取に出してみるべきだと思いますよ。

折角のレミーマルタンセントークリスタルを、自宅に眠らせたままにするのは非常にもったいないので、ぜひ、一度買取店に持ち寄り買取相談してみましょう。

レミーマルタン250周年記念ボトル:44000円~45000円

レミーマルタン250周年記念ボトルは、その名の通り、レミーマルタンの創業250周年を記念して造られた限定ボトル。

基本的に、ルイ13世シリーズに用いている原酒から造られているので、香り・味わいは超極上でエレガント。

口当たりはまろやかで、バニラの甘さやヘーゼルナッツの香ばしさ、ブドウの持つフルーティーな香り・味わいが幾重にも複雑に絡み合っています。

まさにレミーマルタンの持つ

  • なめらかな口当たり
  • ほどよい甘さ・酸味
  • 芳醇で濃厚な味わい

を象徴とした250周年ならではのボトルといえますね。

250周年ボトルでも買取価格はそれなり…

さて、気になる買取価格ですが、44000円~45000円が相場です。

やはり、250周年記念ボトルであるので、買取市場でも価値は、それなりに高騰しています。

もちろん、超高額というわけではありませんが、これだけ高騰しているのは、ひとえに250周年記念ボトルを求めるマニアが多数いるからこそ…

需要も高いボトルなので、必要としていないのであれば、ぜひ買取に出して、次に必要とする人に譲ってあげてください。

レミーマルタンルイ13世の買取相場:10万円~30万円

引用:アマゾン

レミーマルタンルイ13世は、レミーマルタン社が始めて造り上げたブランデー(コニャック)ボトルで、その歴史は実に長いです。

ちなみに『ルイ13世』とは、1600年代に築いていたフランスブルボン朝第2代王国の国王のことで、そのルイ13世にあやかり、ボトル名に用いています。

グランド・シャンパーニュ地区のブドウ農園で採取された最高級のブドウを原材料とし、その上で造られている最高級ブランデーが、レミーマルタンルイ13世。

奥行き深い香り・味わいは絶品で、一度口に含んだら虜になること間違いなしとさえ言われる最高級のブランデーです。

買取価格は最低10万円から…

さて、気になる買取価格ですが、実は、レミーマルタン13世シリーズにというだけあって、さらに細分化されたボトルが多数販売されていました。

なので、あくまで総合的な価格相場となりますが、大体10万円~30万円となります。

では、ルイ13世シリーズには、どんなボトルがあるのか、さらに突っ込んで見ていきましょう。

レミーマルタンルイ13世ベリーオールドの買取相場:10万円~20万円

レミーマルタン13世シリーズの中で、基準とされるべきボトルが、この『ベリーオールド』

オーソドックスと言いながらも、熟成期間は100年以上と実に長く、多くのファンから最高峰ブランデーと、高く支持されているボトルです。

しかも、原材料のブドウは、樹齢100年の最高級品を用いていて、原酒1200ある中から厳選して選ばれた最高級品だけを用いて造られているのです。

つまり、200年以上の月日と、1200からなる原酒から厳選する手間暇がかかって、始めて、レミーマルタン13世ベリーオールドは造られているのです。

もちろん、それは、他のルイ13世シリーズにも言えることで、いずれにしてもルイ13世シリーズは手間暇かかっているブランドボトルといえますね。

また、ベリーオールドを詰めたクリスタルボトルや、八角形をあしらった箱も希少性が高く、多くのマニアが求めているという話も…

買取価格は最大20万円!

なので、買取価格は、最低でも10万円の値が付き、最大20万円で買取ってくれる買取店もあると言われています。

万が一にも、このまま自宅で眠らせていたら、絶対損をしてしまいます。

特に中国バブル崩壊と共に下落の可能性もあると言われているだけに、今のうちに処分しないと、本当に後悔しますよ。

ぜひ、一度買取店へ買取相談してみてくださいね。

ルイ13世観音開き(現行品):15万円~16万円

ルイ13世観音開き(現行品)は、観音開きの箱が特徴的なルイ13世のデザインボトルです。

基本的に、ルイ13世ベリーオールドと中身はそれほど変わりません。

ただ、観音開きする箱に、多くのマニアが飛びつき人気を博しているのは事実。

最高16万円でも最低15万円での買取が可能!

もちろん、箱が魅力の一つで、さらに現行品とあるので、買取価格はやや下がるも最低価格が15万円と高騰し、最高価格が16万円となっているだけ…

観音開きする箱の魅力分、やや高騰しているといえるボトルですね。

ただ、基本的にはルイ13世ベリーオールドとか割りありませんので、最大価格が20万円に到達することはありません。

それどころか、特にレミーマルタンを求めている中国でのバブル経済がはじけてしまったら、一気に下落する恐れもあります。

それだけに、もし自宅でレミーマルタンルイ13世観音開きが眠っているなら、いち早く買取に出してしまいましょう。

レミーマルタンルイ13世タイム・コレクション・オリジン1874:25万円~30万円

引用:アマゾン

レミーマルタンルイ13世タイム・コレクション・オリジン1874は、ルイ13世シリーズの中で、限定品として販売されたボトル。

ジャルナックの戦闘が行われた場所の近く野ブドウ畑で採取されたブドウを用いて造られているためか、歴史さえも感じさせてくれます。

ボトルもフランスの老舗クリスタルグラスメーカーとして名の知られている『サン・ルイ』社で造られ、希少性は極めて高いと言われ好評。

限定&希少性故の最高級買取価格!

ボトルそのものの本数が少なく、買取市場でも価値が高まっているために、現在の買取価格は、25万円~30万円が相場と言われています。

万が一にも自宅で眠っていたのなら、それがとんでもないお宝へと変貌する可能性があるので、ぜひ、買取査定に出してみましょうね。

アジア市場でも注目されている、大人気ブランデーレミーマルタン!

以上が、主なレミーマルタンのボトルの種類と、各ボトルの魅力・買取相場です。

特にレミーマルタンにおいては、爆買いのために来日するような、中国の富裕層に人気が高いと言われ、買取価格も他のブランデーより高騰しています。

やはり、希少価値が高く、高級志向の方たちのハートを捕まえるような魅力が詰まっているため、価格が高騰しやすいのでしょう。

特にルイ13世シリーズはかなり高騰が伺えるだけに、もし自宅で眠っているのであれば、今のうちに、買取に出して高額の臨時収入をゲットしましょうね。

レミーマルタンの買取価格が高騰する理由

レミーマルタン買取価格が、比較的高騰傾向にあることは、ここまでご紹介してきた通り…

では、何故、レミーマルタンの買取価格は高騰しているのでしょうか?

その主な3つの理由をご紹介していきますね。

理由1:非常に高いブランド力が、高く支持されているから

レミーマルタンは、ルイ13世ボトルを始め、ブランド力の高いブランデーとして、多くのファンから高く支持されています。

特にバカラとのコラボボトルや、ルイ13世シリーズは別格で、人気・需要度はかなり高く、買取市場にもかなりの影響を与えているわけです。

ルイ13世シリーズはいずれも10万円超え…

中でも、ルイ13世シリーズは、その傾向が顕著に現れ、買取価格最低でも10万円は付きます。

海外ブランドのお酒の中でも、ここまでブランド力が高く、買取価格が高騰するのは、かなりのレアケース

なので、買取に出すなら非常に狙い目ですよ。

折角のレミーマルタンを、自宅に眠らせたままにしておくのは、本当にもったいないので、ぜひ、この機会に買取に出してしまいましょう。

理由2:中国の富裕層に大人気だから!

今の時代の買取店は、海外への販売ルートを確保している大手買取店が多数ひしめき合っています。

特に中国に関しては、かなり太いパイプで繋がっていると言われ、富裕層に人気のアイテムは高額でも売れるケースが非常に目立っている状況…

なので、レミーマルタンのような富裕層に人気の高いブランデーは、中国人にも人気が高く、高額でも結構売れます。

そのため、中国人に売却するための本数が必要となり、多少高額になってもレミーマルタンを買取ってくれるのです。

ただ、それも今だけの話で、将来はどうなるか全く分かりません。

なぜなら、中国のバブル経済がはじけてしまったら、その瞬間からレミーマルタンの価値が暴落してしまう恐れがあるからです。

中国からのニーズが途絶えたら、当然高額で売れなくなってしまうでしょうし、価値が下がるはず…

なので、今がチャンスと捉え、自宅で眠っているレミーマルタンを買取りに出してしまいましょう。

理由3:希少性が高く入手困難だから

これは、他のブランド(銘柄)のブランデーと比較すると、高騰理由の根拠としては薄いのですが、レミーマルタン希少性が高まれば、買取価格は高騰します。

とはいえ、レミーマルタンは多少特殊な傾向が…

例えば、現行品であるレミーマルタンルイ13世観音開きよりも、古くに販売されたルイ13世ベリーオールドの買取価格が低い場合も存在します。

もちろん、買取店次第というところもあるわけですが、例外も存在しているので注意は必要…

まぁ、販売終了しているボトルの買取価格が低くなるとしても、他の同格のブランデーと比較すれば希少性の高いボトルの買取価格は十分高騰しています。

なので、あまり深く考えずに、まずは買取店へ査定して貰うことをおすすめします。

今だからこそ買取に出したいレミーマルタン

以上が、レミーマルタンの買取りか核が高騰する3つの理由です。

今回は、買取に役立つように、レミーマルタンの各ボトルの魅力・買取相場、買取価格の高騰理由3つをご紹介しました。

レミーマルタンは、他のブランデーと多少異なり、高級志向のボトルが多く、買取価格の高騰も中国の富裕層による影響を強く受けています。

そのため、中国の経済次第で、買取価格が下落してしまう可能性も高く、もし買取に出すなら、今が最大のチャンスと言えます。

折角、自宅で眠るレミーマルタン高額で買取ってもらえる可能性もあるので、ぜひ、今のうちに買取店に持ち寄り高価買取して貰いましょう。

コメント

コメ兵
>>無料LINE査定はこちら
タイトルとURLをコピーしました