骨董品の買取方法と相場まとめ!高額査定の業者5選まで

日用品

骨董品の対象商品や買取の方法、おすすめの買取業者を紹介していきます。

みなさま骨董品ご自宅にございますか。と言いましても突然出てくるものではなく、おそらく大きく部屋を動かしたり、ご実家の生前整理などをしていて出てきた。という方が多いのではないでしょうか。

骨董品は、どの商品が高額な物と判断しかねるので難しいですよね。骨董品自体元を辿れば希少価値のある美術品や古道具などをさします。

アメリカでは製造から100年以上経過したものをアンティークと呼び、日本では概ね数十年前に作られたものを骨董品と呼んでいます。

骨董品の買取方法

買取方法も選選択肢が増えました。お客様のご都合に合わせて選んで骨董品の価値をみてもらう。もしかしたら驚くお宝があるかもしれません。下記に紹介する買取方法は業者により異なりますのでお願いしたい業者に一度確認してみてください。

電話査定で骨董品を買取してもらう

ざっくりとした概算になる可能性があります。理由はブランド品のようにどこのブランドの型番、購入からどのくらいの期間が経っているかなど情報量があれば調べやすいのですよね?

ただ骨董品となるとプロの鑑定士が商品をしっかりみて価値があるかないかで買取価格が大幅に変わる可能性があります。骨董品の価値があるかわからないということであれば一度みてもらうことをお勧めします。

写真鑑定で骨董品を買取してもらう

写真が上手く撮れたと納得しても現物との差が大きくなるとそれはそれで面倒なことになります。参考価格で鑑定してもらい高額になりそうなら3社程度買取の見積もりをとることをおすすめします。

来店鑑定で骨董品を買取してもらう

いちばん身近な方法です。出張だとなんとなく知らない人が家に入ることに抵抗がある方もいらっしゃいます。ものすごく重量があり大変であれば出張は便利です。もしご自身で持てる重さならば、お好きなタイミングで店舗へ立ち寄りお話してみてはいかがでしょうか?

宅配鑑定で骨董品を買取してもらう

送料はもちろん、梱包材や箱等も手配してくれる買取業者も増えています。万が一返送してほしい際も無料という流れになりつつあります。

送るときに気をつけることはクッション材等を使い割れないようにすること、何点か商品を入れる場合は隣の商品と緩衝しないようにするこの2点気をつければ、とても便利なシステムです。

出張鑑定で骨董品を買取してもらう

店舗が遠い、商品を手持ちしたくない、いろいろ質問したり話が聞きたいというかたもいるのでは?

そんな方におすすめなのが、出張での鑑定。場合によっては話の中で「その話なら、あの商品も対象かも?」とその場で聞けますし対象であれば買取金額増になるのでお得です。

骨董品の買取対象商品(絵画、陶磁器、掛軸、茶道具)

骨董品の買取にも種類があります。絵画、陶磁器、掛軸、茶道具などなど。

ご自宅というよりもご実家に蔵や倉庫等があったり、何か譲り受けたものがあったりした場合「これ、なんだ?」と思うだけか「これ、なにか昔の貴重なものなのか?」と思いアクションを起こすか、ぜひ「これ、なんだ?」と思ったら鑑定してもらいませんか。

その時は「共箱があれば汚れていても破れていてもそのままの状態」で鑑定するお品物は「磨いたり、少しの傷もなおさない、そのままの状態」で鑑定してもらいましょう。

作者名があったり何か印が押されていたりすれば鑑定する時に伝えやすく買取金額も期待できます。では作者不明ではダメなのかというとそうではありません。作者がついていても付いていなくても本物の保証はないので買取業者にしっかりみてもらいましょう。

最近では出張鑑定も無料、宅配鑑定も無料の業者がほぼですので鑑定だけでも相談してみてはいかがでしょうか。下記は骨董品の種類別に主な買取金額等をまとめました。

美術品の買取、参考相場

絵画の買取相場(日本画)

日本画・洋画・版画・水墨画・パステル画などの種類があります。当然ながら有名画家のものは高値がつきやいが、実際は真作かどうかの判断が大きな鑑定金額のポイントになります。

真作かどうかは画家のサインの有無だけで判断できるとは限りません。

何か魅力を感じる絵画があるなら一度買取価格を見積もってもらいませんか?主な買取参考買取価格を下記にまとめました。

日本画/東山魁夷
(参考買取価格:白馬の森1.600.000円 静映580.000円 冬華300.000円など)

日本画/千住博
(参考買取価格:ウォーターフォールリトルグラフ500.000円 MetalSakura400.000円 朝の水辺2.100.000円など)

絵画の買取相場(洋画)

洋画/藤田嗣治
(参考買取価格:少女2.000.000円 三美神650.000円 仔犬530.000円など)

洋画/東郷青児
(参考買取価格:婦人像2.100.000円 あこがれ580.000円 舞扇700.000円など)

洋画(海外作家)/ミッシェル・ドアクロワ
(参考買取価格:秋の色300.000円)

洋画(海外作家)/アイズピリ
(参考買取価格:道化師1.300.000円)ラッセン(参考買取価格:シースケープ1.000.000円)

掛軸:

掛軸の作者は数多く、意外と無名の作家が多いのも特徴です。

有名作者または現在注目度の高い、将来有望で需要が見込まれる作者のものであるかがポイントとなります。また掛軸は定価がないため需要がある作品は値段が上がる傾向にあり日々買取価格にも変動があるとも言えます。

与謝野晶子/軸層短冊
(参考買取価格:110.000円)

上村松園/掛軸
(参考買取価格:1.400.000円)

富岡鉄斎/掛軸
(参考買取価格:350.000円)など

 

茶道具の買取相場

茶道具は茶道で使われる道具一式のこと。

茶道具は季節、お越しになるお客様によって道具一式を変えてお茶をお出しします。そのためお客様を招く側は多くの茶道具が必要になります。

茶碗・釜・風炉先屏風・盆・茶筅・茶巾・袱紗・茶器・茶杓・蓋置・建水・台子・菓子器・香合・花入など茶道具には種類と作品が多いと言われています。

本格的な茶席ともなれば価値ある古美術品の茶道具が使われるため集めている方も多いです。作者が不明でも箱が汚れていても一度鑑定してもらうことをおすすめします。

主な買取金額は下記の通りです。

北大路魯山人/菓子鉢
(参考買取価格:250.000円)

北大路魯山人/天啓風筒茶碗
(参考買取価480.000円)

河井寛次郎/櫛目椀
(参考買取価格:200.000円)

 

焼き物の買取相場

焼き物は陶器と磁器の総称です。陶器は吸水性に優れ厚く重みがあり、 磁器は一般的に薄手で軽く強度の高い焼き物です。これらの作品は海外でも評価が高く相場は安定しています。

焼き物の主な買取金額は下記の通りです。

今泉今右衛門/花瓶
(参考買取価格:200.000円)

清水六兵衛/花瓶
(参考買取価格:400.000円)

清水卯一/茶碗
(参考買取価格:200.000円)など

 

中国骨董の買取相場

中国美術品の種類は多岐にわたります。

掛軸や絵画・額や拓本、高級品になると象牙、珊瑚、翡翠、犀角品、中国漆器、など、生活品では鉄瓶、銀瓶、金瓶、銀製品、白磁壺、青磁、天目、三彩、藍釉、染付、花瓶、他にも仏像、置物などがあります。

中国の骨董品は世界中から愛されていてコレクターも多いのです。詳しくない方が「汚れているし古いから」と処分されることもあるので注意してください。

処分せず一度お電話で相談してみてください。中国骨董の主な買取価格は下記の通りです。

韓美林/書画「猿」
(参考買取価格:300.000円)

作者なし/中国切手
(参考買取価格:20.000円)

作者不明/中国三彩人物文壺
(参考買取価格:100.000円)

 

西洋アンティークの買取相場

西洋アンティークはコレクターが多く存在し骨董の中で非常に高額査定になります。

エミール・ガレやルネ・ラリック、ドーム・ナンシーのガラス工芸作家。バカラ、サンルイなどクリスタルガラス製品。マイセン、リヤドロ、ヘレンド、オールドノリタケ、ロイヤルコペンハーゲン、ウェッジウッド、リチャードジノリなどの陶磁器。

全ては知らずとも耳したことのあるブランド名1つはありませんか。手軽には買いにくいのですが素敵な商品が多くです。見ているだけでもキラキラした気分になります。

西洋アンティークの主な買取価格は下記の通りです。

エミール・ガレ/湖水風景文大花瓶
(参考買取価格:450.000円)

マイセン/チェンバロを奏でる彼女
(参考買取価格:200.000円)

オールドノリタケ/盛上泥漿盛上龍図紋飾大蓋物
(参考買取価格:300.000円)

 

珊瑚製品の買取相場

珊瑚は赤色が深いほど価値が上がります。

血赤珊瑚は非常に価値あるものとなっています。

このほか「桃珊瑚」や「白珊瑚」など、赤とはまた違った味わいを持つ珊瑚も人気があります。

純白の「白珊瑚」は希少価値が高く、高値がつきやすいと注目されています。サンゴ製品の主な買取価格は下記の通りです。

血赤珊瑚ネックレス
(参考買取価格:270.000円)

赤珊瑚原木
(参考買取価格:3.500.000円)

赤珊瑚ネックレス「薔薇」
(参考買取価格:130.000円)

白珊瑚置物「猿」
(参考買取価格:150.000円)など

 

牙製品,象牙などの買取相場

象牙は箇所によりランクがあります。

象牙製品は加工されたものが多く、芸術品としての価値をきちんと鑑定できる業者を選びましょう。象牙にも贋作が多いことから、象牙専門の鑑定士の存在は非常に重要です。

象牙の主な買取価格は下記の通りです。

象牙置物
(参考買取価格:750.000円)

象牙彫刻
(参考買取価格:160.000円)

牙彫刻
(参考買取150.000円)

 

香木の買取相場

香木は、近年中国をはじめ、世界中で需要が高まっています。需要が増え偽物が増えました。偽物の人工物香木である場合が非常に多いです。

天然香木や人工香木でも、細かくランクがありそれぞれに価値があります。その知識を有する業者は非常に少ないのが現状です。

業者は香木に特化している、プロがいるところを選びましょう。主な買取価格は下記の通りです。

紫伽羅
(参考買取価格:8.600.000円)

伽羅
(参考買取価格:600.000円)など

 

ヒスイの買取相場

翡翠(ヒスイ)はもともと鳥のカワセミを指していて、「翡」は赤、「翠」は緑色を意味します。

中国でも人気の高い宝石で、特に中国では他の宝石よりも価値が高いと古くから不老不死や生命の再生をもたらす力を持つ宝石と信じられていています。

翡翠は硬玉と軟玉2種類あり、それぞれを構成する輝石が異なるため、鑑定には相応の知識と経験が必要です。主な買取価格は下記の通りです。

翡翠彫刻
(参考買取価格:750.000円)

翡翠ダイヤリング
(参考買取価格:50.000円)

翡翠薔薇置物
(参考買取価格:50.000円)

中国翡翠置物「益寿園」木製台付
(参考買取価格:400.000円)など

 

骨董品のおすすめ買取業者5選

本郷美術骨董館で骨董品の買取


引用 公式HP

〈基本情報〉
業者名:本郷美術骨董館/東大赤門前本店
住所:東京都文京区本郷5-25-17 本郷美術ビル2階
受付時間:10:00-18:00(平日)
電話番号:0120-518-100
買取タイプ:電話・出張・宅配・写真・来店5つのパターンによる鑑定方法

お店の特徴:メディアからも注目されている鑑定実績。プロの鑑定士が27人在籍しお客様の大切な商品をしっかり鑑定します。

アクセス方法

 

八光堂で骨董品の買取


引用公式HP

〈基本情報〉
業者名:八光堂銀座本店
住所:東京都中央区銀座5-4-15西五ビル1F
受付時間:10:00〜18:00(年中無休)
電話番号:0120-29-8510
買取タイプ:出張鑑定・来店鑑定・メール鑑定

お店の特徴:43年の歴史を持つ実績店。価値ある商品をお預かりして次の方へ橋渡しすることを一番に考え鑑定しています。店舗もこだわりのある建築方法で高級感が漂います。

アクセス方法

 

福ちゃんで骨董品の買取


引用公式HP

〈基本情報〉
業者名:福ちゃん 梅田店
住所:大阪府大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第一ビル1階
受付時間:10:00~19:00(年中無休※年末年始は除く)
電話番号:0120-968-902
買取タイプ:出張鑑定・宅配鑑定

お店の特徴:お客様が大切にしてきた想い出を次の方へ気持ちよく受け継いでいけるように安心、納得していただけるおもてなしをさせていただきます。

アクセス

 

くまねこ堂で骨董品の買取

>
引用公式HP

〈基本情報〉
業者名:くまねこ堂
住所:東京都江東区南砂5-7-22 三光リビングビル1階
受付時間:9:00~23:00
電話番号:0120-54-4892
買取タイプ:出張鑑定・宅配鑑定

お店の特徴:古物商26年の実績があるからできる高値での買取、少数精鋭それぞれの得意分野のプロがしっかり鑑定します。「これって宝物になるの?」悩んでしまう商品ありますよね。その悩みはっきりさせてスッキリしませんか?

アクセス

 

大黒屋で骨董品の買取

>>
引用

〈基本情報〉
業者名:大黒屋質 六本木アマンド上店
住所:住所:東京都港区六本木6-1-26 六本木天城ビル5F
受付時間:10:00-18:00(平日のみの受付です)
電話番号:070-5452-3066
買取タイプ:出張鑑定・宅配鑑定・買取来店予約制

お店の特徴:買取専門完全予約制の上質な店内でゆっくりお話を聞きながら、プロの鑑定士に鑑定していただけます。また出張・宅配もプロの鑑定士のもと、しっかり査定いたします。

アクセス

 

骨董品の買取について、お伝えしてきました。

日本画から掛け軸、洋画に中国骨董、西洋アンティーク、サンゴや象牙など、商品や作家ごとに相場はかなり変わるのを実感してもらえたのではないでしょうか?

どこも査定を無料でしてくれる買取業者をまとめています。ぜひ一度、査定だけでもお問い合わせしてみることをおすすめします。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました