カメラレンズの買取!相場・おすすめ業者5つを徹底紹介

日用品

カメラレンズの買取情報をお伝えします。
カメラメーカーごとの買取査定の相場から、高く買い取ってくれる業者まで。

高額レンズを少しでも賢く入手し、最高の写真を撮影したいと考えている人あって少なくないはず…

本記事では、そんなカメラにこだわりを持つ人のために、カメラレンズを賢く購入する一つの参考として、カメラレンズの相場をご紹介します。

さらに、おすすめの買取業者5つ(業者のと口調やおすすめの理由も併せて)をご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

カメラレンズの買取相場

カメラレンズも状態一つで買取価格は大きく変わってきます。各メーカーのレンズごとに買取価格の相場も異なります。

パナソニックのレンズ買取価格

パナソニックはカメラ専門の超一流メーカーではないので、他社より、若干、買取価格は安い印象を受けます。

いろいろ調査してみたところ、パナソニックLEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm/F2.8-4.0 ASPH. H-E08018の場合、カメラのキタムラでは買取価格は62,550円。

ネット買取サイトの場合では、約97,000での買取というケースも…

あくまで目安ですが、大体平均8万円前後といったところです。

また、そのほかのアイテムも合わせると、ものにもよりますが、目安として0円~9万円が一つの相場といわれています。

キャノンのレンズ買取価格

キャノンは、カメラ専門の超一流メーカーの一つで、人を美しくオートフォーカスの早さがウリとなっています。

そのため、スポーツ系やブライダル系の写真を撮りたい人は特に好んでキャノンのカメラを購入している傾向が見られます。

そういった背景から、キャノンのカメラレンズは大変需要が多く、買取相場も高いです。

例えば、EF16-35mm F2.8L III USM(本体価格216,593円、価格.com参照)だと、138,000円~170,000円で買取されています。

もちろん、ものによって買取額は異なりますが、大体、一般的には、2000円~13万7500円といわれています。

まぁ、あくまで目安の一つでしかありませんが、基本的に他のメーカーより高めであることに違いはありません。

もし、キャノンのカメラレンズを買取に出そうか迷われているなら、高価買取対象メーカーに挙げている買取店もあるだけに、早めに査定に出すことをおすすめします。

シグマ(SIGMA)のレンズ買取価格

シグマ(SIGMA)はカメラ専門店というよりは、一眼レフカメラレンズに力を入れて販売されているレンズメーカー。

そのため、キャノン・ニコンと趣旨・認知のされ方が若干異なり、一眼レフカメラレンズを求めるユーザーから高い支持を受けています。

例えば、SIGMA (シグマ) Sports 500mm F4 DG OS HSM(シグマSA用)の場合、220,000円が買取相場となっていました。

もちろん、SIGMA (シグマ)のカメラレンズの中でもピンキリなので、2000円~3000円程度しか買取価格がつかないものもあります。

あくまで一つの目安としては、0円~22万円とかなり幅が広く、平均的には11万円が相場と考えて良いでしょう。

ニコンのレンズ買取価格

ニコンは、キャノンに並び、一流カメラメーカーの一つで、ありのままに撮影するのに適したカメラレンズが多数取りそろえられ、評判も実に高いです。

シグマのようにカメラレンズ専門ではありませんが、それでも一流カメラメーカーなので、目安となる買取相場は約10万円

当然、この買取相場額は、平均相場でしか無く、中には、Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR IIのように255,000円も買取価格がつくものも…

ニコンは非常に人気の高いメーカーなので、もし買取に出す予定があれば、早いタイミングで買取に出してみましょう。

カメラレンズの買取価格は、機種・メーカーにより千差万別!

以上が、大手カメラメーカーの買取相場です。

あくまで平均的な相場額をご紹介しているに過ぎず、カメラレンズによっては、買取価格がつかない古いものもあれば、高価買取価格のつく最新鋭のレンズもあります。

なので、詳しくは、一度査定に出してみてください。

そして、極端に査定額が低いと感じた場合は、別の買取業者に査定してもらうことも考えてくださいね。

カメラレンズ査定のポイント

同じカメラレンズでも、ちょっとしたことで査定額が高くなることもあれば、逆に低くなってしまうこともあります。

なので、プロの査定員がどんな点でカメラレンズを査定しているのかを知ることも、高価買取を目指す上では非常に大切です。

では、どんな点に注意して査定しているのか、主なポイントを4つご紹介します。

カメラレンズのニーズで査定価格は変わる

カメラレンズ一つとっても、ニーズというのは大きく異なります。

先ほども少しご紹介したように、シグマやキャノン・ニコンのようなカメラ専門メーカーのカメラレンズの中には、ニーズの高いものも多数あります。

特に何十万円もするカメラレンズとなると、中古でも良いから手に入れたいと考えるユーザーも多くなり、多少価格が高くとも需要はつきます。

そのため、高価買取されやすくなるので、絶好のチャンス!

カメラレンズの高価買取した事例

例えば、カメラのキタムラでは、『キヤノン EF400mm F4 DO IS USM』が、上限価格の142,830円で買い取ってくれます。

もちろん、付属品が揃っていて、状態も激しく劣化しておらず、ちゃんと動作することが大前提ですが、結構高値で買い取ってくれるのは実にうれしい話…

ニーズ(需要)を捉えキャンペーンを張る業者も多い

買取業者の査定員は、カメラレンズ一つのニーズさえもちゃんと押さえて査定しています。

そのため、ニーズが高いカメラレンズであれば、キャンペーンや高価買取サービスをしてくれる可能性は実に高いのです。

このニーズによる査定を逆手に取り、キャンペーンや高価買取を宣伝している場合は、積極的に買取に出してみてくださいね。

メーカー(ブランド力)で買取価格は当然ちがう

エルメスやグッチなどのブランドバッグが、女性たちから高い支持を受けていますよね。

もちろんバッグ一つにおいてもピンキリで、エルメスやバーキンのように超一流で高値のつくブランドもあれば、サマンサタバサのように比較的安価なブランドも…

もちろん、高値がつくから優秀というわけではありませんが、バッグ一つにおいてもそれぞれのブランド力はあり、需要も大きく変わってきます。

これは、カメラレンズも同じで、ブランド(メーカー)によって、人気(需要)は変動しているのです。

カメラレンズは超一流メーカーほど高値がつきやすい!

例えば、キャノン、ニコン、シグマといったトップブランドは、比較的買取価格が高くなりがち…

一方、パナソニックのような家電メーカーとなると、若干査定価格が下がります。

もちろん、パナソニックも人気のあるメーカーであるので、極端に下がることはありませんが、ブランド力の有利不利はあります。

ブランド力を重視する買取業者も…

特に大手買取業者の中にはブランド力を重視している買取業者もあります。

大々的にブランド指定でキャンペーンを張っている買取業者がいた場合は、一つのチャンスとして、買取に出してみてください。

意外なことに、他店よりも買取価格が高くなっているかもしれませんよ。

傷・曇り・カビの有無(レンズの状態)で査定価格は変わる

カメラレンズという以上、激しく傷がついていていると、たとえ撮影に支障を来さないとしても、販売価格は大幅に下がってしまうことがあります。

やはり、見た目も重要で、プロの査定員は、こういった細かい傷までしっかり査定し、買取価格を決めています。

本来ならば、全く機能に影響がないにも関わらず、見た目の状態の善し悪しだけで、査定額を下げる業者もあるので注意が必要です。

もちろん、需要の高い機種の場合、多少の傷は大目に見てくれる場合もありますが、プロの査定員がいるところほどしっかりレンズの状態はチェックしています。

なので、カメラレンズを高く買い取ってもらいたいなら、レンズの状態はきれいに保つよう心がけましょう。

付属品を完備したら買取価格はあがる

カメラレンズを購入する際に、レンズフード・レンズケース・ストラップといった付属品がついている場合があります。

その付属品が完備しているとより買取価格が高くなる傾向にあるので、必ず付属品は大切に保管しておきましょう。

付属品の完備は、カメラレンズ本体の状態の善し悪し以上に重要!

ちなみに、先ほどお話ししたカメラレンズの状態(傷、ほこり、カビ、曇り)で査定額が下がらない場合もありますが、付属品の欠落は間違いなく下がります。

極端な話、レンズそのものの状態(使い物にならないほど劣化している場合は除きますが…)よりも付属品を重視している業者が実に多いです。

なので、必ず付属品は大切に保管しておいてくださいね。

買取業者の査定ポイントは無視できない…

以上が、カメラレンズの主な査定ポイントです。

買取業者によっては、重視したりしなかったりするケースもありますが、全く重視していないということはまずあり得ません。

少しでも買取価格を上げるためには、非常に重要なポイントなので、しっかり理解した上で買取に出す際にうまく活用しましょう。

カメラレンズ買取をしてくれるおすすめ業者5選

カメラレンズを買い取りしてくれる買取業者は、買取サイトや実店舗を含め、実に多くの業者が存在しています。

では、中でもおすすめの買取業者(買取店・買取サイト)を5つご紹介します。

カメラのキタムラにカメラレンズを買取依頼


引用:http://www.kitamura.jp/(カメラのキタムラ・公式サイト)

基本情報
業者名:カメラのキタムラ(東京・イオン板橋店)
住所: 〒175-0083 東京都板橋区徳丸2-6-1 イオン板橋SC1F
受付時間:9:00-22:00
電話番号:03-5945-5066
買取タイプ:店頭買取・宅配(直送)買取・出張(訪問)買取

お店の特徴
カメラのキタムラは、全国区で超有名なカメラ専門店。

販売だけでなく、買取にも力を入れているカメラレンズ買取業者です。

おすすめの理由は」以下の2つ。

トクトク買取(直送限定)を実施し、メーカーおよび機種限定ですが、買取値最高額で買取ってくれる。
・カメラ専門であるため、壊れたパーツであっても買取してくれる場合がある点

以上の2点がおすすめ業者として挙げる大きな理由・特徴です。

カメラのキタムラなら意外な効果か胃取りも期待大!

通常壊れたパーツなど買取してもらえないケースが多いのですが、そこはカメラ専門店であるカメラのキタムラ…

プロの技術士が再販売可能な状態にしっかり修理し手くれるので、買取が可能なのです。

また、トクトク買取も実施しているので、思わぬ形で、高価買取が十分期待できますよ。

もし、これは買い取りしてもらえないのではというアイテムでも、意外に買取ってくれる場合があるので、諦めずに、カメラのキタムラに持ち込んでみましょう。

アクセス方法

カメラ買取専門店カメラ高く売れるドットコムにカメラレンズを買取依頼

引用:https://www.camera-takakuureru.com/

基本情報
業者名:カメラ買取専門店カメラ高く売れるドットコム(西東京リユースセンター)
住所:〒183-0014 東京都府中市是政6-2-13
受付時間:9:15~21:00
電話番号:0800-823-9671
買取タイプ:店頭買取・宅配買取・出張買取

お店の特徴

・リユース専門の上場企業で運営

・インターネットに特化している点から、高価買取期待大!

・事前査定が受けられる
・査定にかかる費用は一切不要

事前査定で、買取査定に出す前に他店と比較出来るのは魅力!

カメラ買取専門店カメラ高く売れるドットコムの最大の魅力は、事前査定を受けられることにあります。

査定員とのヒアリングで事前にある程度の査定を受けられることで、目安の買取価格がわかり、他店と比較できるので非常に安心。

なかなか他店では事前査定は受けられないだけに、非常におすすめですよ。

アクセス方法

MapCameraにカメラレンズを買取依頼

引用:https://www.mapcamera.com/ec/assessment

基本情報
業者名:MapCamera(カメラ買取センター)
住所:〒160-0023東京都新宿区西新宿1-13-6浜夕ビル4F
受付時間:11:00 – 20:00(MapCamera本店(カメラレンズ販売)は20:30まで営業)
電話番号:03-3342-3383
買取タイプ:店頭買取・宅配買取

お店の特徴

対象商品7000点以上携える、カメラ専門の買取業者

自社にて、販売店、下取店、買取店を構えているので、購入から買取までスムーズで安心。

減額なしの高価買取(ただし正常動作し、カメラレンズの曇り・カビなどが無いこと)
先取交換(下取りの際に、下取り前に先にほしい商品を届けてもらえるサービス)可能
2回目以降の買取は本人確認不要

様々な買取サービスで安心・高価買取を実現!

MapCameraの一番の魅力は、メーカー・機種ごとで査定価格が決まっているので、状態の善し悪しに関係なく(極端に状態が悪いものは除く…)査定額が決まっている

この点については、査定前から、『高く売れるだろうか?』と不安に感じることなく査定に出せる優位点を生み非常にうれしいサービスです。

また、何かと面倒な本人確認も2回目以降なら特に必要とせず、下取りに出す場合も先に購入するアイテムを送ってもらえるところは非常にありがたい!

このようなユーザーがまた利用したいと思えるサービスがてんこ盛りなので、MapCameraは非常におすすめですよ。

アクセス方法

カメラのナニワにカメラレンズを買取依頼

引用:https://www.cameranonaniwa.co.jp/

基本情報
業者名:カメラのナニワ心斎橋本店
住所:〒542-8678大阪市中央区心斎橋筋 1-3-12
受付時間:10:30~20:00 / 日・祝 10:30~19:00
電話番号:06-6281-4133
買取タイプ:店頭買取・宅配買取・出張買取

お店の特徴

関西を中心に70年営業続けてきた老舗のカメラ専門店。

現在は、関東:東京秋葉原、東海:名古屋栄(愛知)、九州:小倉(福岡)、ベトナム(海外)などにも展開。

長年の実績とともに確かなベテランの査定スタッフが40人いる!
確かな査定でユーザーの想いも加味した高価買取が実現可能!
どんなに古いカメラレンズでも買取対応してくれる

ベテラン査定員による安心査定・幅広い対応力が魅力!

カメラのナニワの最大のウリは、ベテラン査定員が多数存在し、より綿密な査定をしてくれるところにあります。

より確実で、ユーザーが大切にしてきたカメラレンズへの想いも加味した高価買取を実現してくれるからこそ、安心して買取に出せます。

もちろん、ベテラン査定員たちはカメラの知識に精通しているので、あまり世間で見られないマニアックなカメラレンズでも買取査定してくれます。

正常に動作しても古すぎて買取不可なカメラレンズも、カメラのナニワでは買取対応してくれる可能性が高いので、非常ににおすすめですよ。

アクセス方法

カメラの買い取り屋さんにカメラレンズを買取依頼

引用:http://camerakaitori.jp/company

基本情報
業者名:カメラの買い取り屋さん(店頭買取 横浜店)
住所:〒232-0051神奈川県横浜市南区井土ケ谷上町15-5-1F
受付時間:10:00~19:00
電話番号: 0120-995-280
買取タイプ:店頭買取・宅配買取・出張買取

お店の特徴

わずかながらの店舗以外は、全てネットでの売買を行っている、ネット主体のカメラ専門店。

インターネット主体だからコストが抑えられ高価買取可能!
買取相談がラインで可能

ネット主体だから出来るサービス目白押し!

カメラの買い取り屋さんは、店頭買取横浜店のように、一部買取店があるものの、基本はネット上での売買が主流。

そのため、LINE査定をはじめとするネット業者だから出来るサービスが受けられます。

また、実店舗を多く構える、他のカメラレンズ買取業者よりも、経費がかからず高価買取が実現できるのも魅力的!

少しでも買取価格が高い業者へ買取に出したいなら、ぜひ、一度査定に出して観てくださいね。

アクセス方法

カメラレンズの買取情報まとめ

大切にしてきたカメラレンズを、何らかの事情で買取に出したいと考えても、具体的にどれくらいの価格で売れるのかどこで売れば良いのかわからない…

きっと、そんな悩みを抱えている人は多いはずです。

今回は、カメラレンズの買取相場や、プロの査定員たちが査定の際に見ている査定ポイント、そして、おすすめの買取業者を5つご紹介しました。

せっかくのカメラレンズですから、少しでも高く買取ってもらい、喜んでもらいたいです。

ぜひ、本記事を参考に、納得のいく買取業者に大切なカメラレンズを買い取りしてもらってくださいね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました